大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

空、春色。

春分過ぎて。

今年は桜が早いようで、もう春本番の感がある。

 

桜もそうなのだが、空の色の移り変わりが、季節の入れ替わりを感じさせる。

 

凛として、どこまでも澄んでいた空の色。

冬の間の、そんな空の色は、もうどこにもなく。

 

見上げれば、輪郭のぼやけたような色が、広がっている。

空自体の色もそうだが、雲の輪郭もまた、ぼんやりとあいまいなままだ。

 

冬の空が、極細のボールペンで書いたような陰影だとするなら、

春のそれは、淡い色を重ねた水彩画だ。

 

輪郭はにじみ、境界線はどこかあいまいだ。

 

それは、春の情景とどこか似ている。

出会いと別れ。

死と再生。

懐古と勇気。

葛藤と愚直。

 

春は、いつもその境界線の上を、ぼんやりと歩く。

 

どこかへ行くようで、どこにも行かない。

そんな、季節。

 

冬の凛とした空は、少し痛みと似ている。

春の空は、日々、その痛みを和らげていくようにも見える。

 

もしそうだとしたら、癒しとは、輪郭をあいまいにすることと言える。

 

輪郭を、あいまいにする。

正誤善悪、過去と未来、男と女、過程と結果、上と下、天と地、日と月。

 

うつろいゆくもの、めぐるもの。

その二つの間で、揺れている。

あいまいなままでいる。

そのままでいる。

 

春色の空。

見上げながら、癒しについてそんなことを想う。

 

f:id:kappou_oosaki:20210324213330j:plain