大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

大いなるマンネリ。

「大いなるマンネリ」という言葉がある。

 

マンネリと聞くと蔑むニュアンスがあるが、「大いなる」という形容詞がつくことで、それは称賛に変わる。

 

 

時は、重ねるごとに味わい深くなる。

 

 

「大いなるマンネリ」の最たるものの一つが、競馬であろう。

 

年が明けると金杯から始まり、

フェブラリーステークスの熱戦が寒風を切り裂き、

クラシック戦線の動向にああだこうだ言いながら、

桜の開花とともに桜花賞を想う。

そして、新緑の下の日本ダービー

 

  

f:id:kappou_oosaki:20190601205052j:plain

 

お祭りの翌週からデビューする2歳馬の中に、来年のダービー馬を探す。

暑い夏にはローカル競馬の愉悦があり、

いつの間にかスプリンターズステークスから秋のGⅠ戦線がはじまり、

気付けば有馬記念ウィークを迎えることになる。

 

毎年、同じことの繰り返しなのに、それに飽きもせず見惚れるのは、それが「大いなるマンネリ」なのだろう。

 

そして、それは時を重ねるごとに、味わい深くなる。 

 

レースの名前に過去の名勝負を思い出したり、応援していた優駿の仔が走ったり、競馬場を訪れた記憶を懐かしんだりするのは、大きな喜びだ。

 

それは、大いなるマンネリを続けてきたことへの恩恵かもしれない。

 

 

考えてみれば、季節のめぐりも似たようなものかもしれない。

 

毎年毎年、季節はめぐる。

 

同じように春霞は流れ、

ぎらついた陽光は草いきれを醸し、

いつしか虫の声が夜を彩り、

木の葉が道を埋める。

 

毎年毎年、季節は流れていく。

 

けれど、決してそれは同じではない。

 

年を重ねるごとに、季節が流れる喜びは大きく感じることができるように思う。

 

あの初夏の日、あの場所に立って眺めていた風景。

あの春に見つめた桜。

あの秋雨の音。

あの冬の日、つめたさとあたたかさと。

 

そんなふうに、いくつもの季節の、美しい記憶が重なるからだろうか。

 

繰り返す日々を想うとき、ときにそんなことを考えるのだ。 

 

f:id:kappou_oosaki:20200220180946j:plain

いつか見た、冬の夕暮れ。
________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________