大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

断酒日記【853日目】 ~決めることと、あきらめること。

さて、断酒して853日目である。

2年と4か月、まあよくもっているものだと思う。

 

時に、しとしとと天地を湿らすような霧雨が振ると、断酒をした日のことを思い出す。

 

あの日も、小雨が降る日だった。

立冬もほど近くなった、霜月のある日。

 

自宅の近くの川沿いの、小さな橋の上で。

霧雨が舞っていた。

息子と娘が、ぽいぽいとパンの欠片を投げて、川のカメにエサをあげていた。

 

ぼんやりと、私はその光景を眺めていた。

 

髪がしっとりと雨に濡れるのを、感じていた。

 

お酒を止めてみよう。

 

ふと湧き上がった、そんな声に、従ってみようと思った。

 

なぜ、そんなことを思ったのか、よく分からない。

なぜ、その日、その瞬間だったのか、よく分からない。

 

なにしろ、仕事の関係の方と、前日も楽しく飲んでいたのを、よく覚えている。

 

身体にわるい?お金がかかる?二日酔いが嫌だ?時間がもったいない?

そんな理(ことわり)は、それまでさんざん理解し、考えてきたし、何とかしようと思ってきたことだ。

 

それなのに、なぜ、そのときだったのだろう。

 

 

中学生になりたてのころ、わたしの部屋にラジオがやってきた。

 

いまとなっては懐かしいカセットテープと、CDも再生できる、ミニコンポと呼ばれるような黒いオーディオだった。

 

中学生になると、英語の授業が始まる。

英語に慣れるためには、NHKラジオの中学生向けの「基礎英語」とかいう番組がいいと、どこかから聞いてきた私は、親に頼んでそのテキストを買ってもらった。

 

その番組が放送されるのは、平日の朝の6時から。

 

中学校は自宅から割と近かったこともあり、もう少し遅くまで寝ていても大丈夫だったが、せっかくテキストを買ってもらったのだから、と気合を入れて、毎朝6時に起きて聞くことを決心した。

 

しかし、何をしていても眠い思春期のころ。

 

最初の1回、2回は聞いたような気もするが、すぐに続かなくなってしまった。

 

朝6時になると、自動でラジオがオンになり、その番組が始まるのだが、それを寝床から無意識で止める所業も、すぐに慣れてしまった。

 

それを知ってかしらずか、親はテキストを毎月買ってくれた。

 

4月号、5月号、6月号…そのテキストの数が増えるたび、ほんのりとした罪悪感がわたしの胸に浮かんだ。

 

これはいかん、と思い立ち、説明書を頑張って読み、毎朝の放送をカセットテープに録音する設定をした。

朝起きれなくても、後から聞けるようにしておこう、と。

 

ところが、である。

 

録音はすれども、まったくそのテープを聞くことはなかった。

A面からB面に折り返し、さらにまたA面にもどり、もとの録音が消えていく日々。

 

テキストは、積まれていくばかりだった。

 

そのテキストの高さに罪悪感が刺激され、耐えられなくなって、ようやくわたしは親にもうテキスト要らない、と伝えた。

 

人は、決めただけでは、動かないのだ。

 

わたしのズボラな経験を一般化するのは気が引けるのだが。

 

 

強固な決心、決意、あるいは意志。

 

そうしたものでものごとを決められれば、かっこいいと思う。

 

けれど、歳と経験を重ねて思うのは、どうもそうとも言い切れないようなのだ。

それは、わたしの個人的な傾向なのかもしれないが。

 

冒頭の断酒の例を引くではないのだが、どうも「決める」というより、「あきらめる」という方が、ものごとが決まり、流れていくような気がする。

 

あきらめる、というと、どこかネガティブで後ろめたい感じを受けるのだが、そうでもないようだ。

 

あきらめる、諦める、とは「あきらかにする」という「あからしめる」という語源からくると聞く。

 

あきらめる、とは己を知り、相手を知り、世界を知るという、非常にポジティブな行為だ。

 

自分と語り、己を知り、自分と向き合い。

あくなき自己探求の末に、ぼんやりと姿を現す「自分」。

 

その存在がほのかにでも見えたとき、人はあきらめ、決めることができるのかもしれない。

 

その瞬間は、力ややる気がみなぎっているかというと、決してそんなことはなく、どこか脱力したような、肩が落ちたような感じがするのだ。

 

ああ、やはり、そうだったか。

 

あるいは、やはり、逃げられなかったか、と。

 

それを、振り返ってみたときに、決断とか、覚悟とか、肚をくくる、と表現することもできるのかもしれない。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________