大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

断酒日記【922日目】 ~どんな選択をするかよりも、選んだことを肯定する。

さて、断酒922日目である。

おおよそ2年と半年。

そう聞くと、ずいぶんと長いこと続けてきたものだな、と感慨深くなる。

 

最近はもう断酒をしている感覚も薄れ、お酒というものは意識の遠いところに押しやられているようだ。

2年半前の心情や感覚など、なかなか覚えていないものだ。

 

2年半前のあの日。

霧のような小雨が降る近所の川の橋の上で、ふと浮かんだ断酒に従っていなかったら。

そんなことを、考えてしまう。

 

いまもまだ、飲酒していたのだろうか。

たまに、美味しい肴とのお酒を楽しんでいたのだろうか。

感染症禍で、自宅飲みの頻度が増えていたのだろうか。

まだ、二日酔いの辛さを味わっていたのだろうか。

 

まあ、考えても仕方ないことではあるけれど。

 

 

一つ言えるのは、そのときがちゃんと何かレールが切り替わった感覚がある、ということだ。

それは、いい方向/悪い方向という切替ではない。

 

断酒自体がいいことでも、悪いことでもないように。

健康にいいかと言えば、甘いものが増えたので必ずしもそうとも言えず。

美味しい料理に合うお酒を愉しむ時間が無くなったことは、残念だとも言える。

いい、悪い、というわけではなく。

 

ただ、行き先が変わった。そんな感覚がある。

 

それでも、あのとき断酒をしてよかったな、とは思う。

「よかった」というだけで、それ以上でも、それ以下でもないけれど。

 

ただ、それと同じくらいに。

おそらく、あのとき断酒をしなくても、「お酒をやめなくてよかった」と思っていただろうな、とも思う。

 

人は何かの岐路に立ったり、何かの判断を迫られると、「どちらにするか」という選択に頭を悩ませる。

理屈で考えるにせよ、直感で選ぶにせよ、コインを投げるにせよ、誰かに相談するにせよ、「どっちがいいか?」という基準で頭を悩ませる。

 

けれど、ほんとうのとこは。

どの選択肢を選ぶよりも、その選択をしたことに納得し、その選択を肯定することの方が、重要なような気がする。

 

VUCAの時代、不確実な時代と言われるように。

どれだけ考えたって、未来のことなんて分からないのだから。

 

だとするなら、私たちにできることといったら、過去の選択を肯定することしか、できないではないか。

「あぁ、あのとき、あの選択をしていて、ほんとうによかった」と。

その情感は、現在の自分自身を肯定することでしか生まれない。

 

いまの自分でよかった。

いまの自分がいい。

 

それは、選択肢に正解するとか、過去の自分よりも素晴らしくなったとか、そういったことではない。

 

いまの不十分で不完全で未完成で不出来な、この自分を肯定するのだ。

 

そうだとしても、わたしはわたしがいい。

 

そう思えた瞬間に、過去のすべての選択も出来事も、輝きを放ち始める。

幸せとは、そんな瞬間を指すのかもしれない。

 

そして、その輝きは、遠く離れた未来をも照らしだす。

 

 

川の流れを見ていると、時に分かれ、ときに合わさり。

上流では、急な流れもありながら、徐々に緩やかに流れていったり。

ときに濁流になりながら、ときに枯れそうになりながら。

 

それでも、必ず海へ流れついてゆく。

 

どんな道を通っても、最後には大河となり、大いなる海へと帰っていく。

 

どんな選択をしたとしても、行き着く先は同じ。

そう考えると、どんな選択をするかは、あまり大したことではないのかもしれない。

 

ただ、流れのままに。

 

f:id:kappou_oosaki:20190509083422j:plain