大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

ストレッチ日記 ~身体という、不便かつ愛おしき存在。

さて、またここのことろストレッチを続けております。

やはり、終わった後のスッキリとした感じと達成感は、格別なものです。

 

とはいえ、ストレッチをしていると、自分の身体の硬さ、ぎこちなさを痛感します。

歳を重ねるとなおさら感じるのですが、すぐに硬くなってしまったり、無理をすると不調になったり、不便なものだなと思うのです。

 

深呼吸をしながら、そんなことを考えていると、なぜ身体があるのだろうと考えたりもします。

 

 

考えてみれば、身体というのも不便なものです。

それがあればこそ、誰かと会うためには自宅を出て、電車に揺られて、物理的な距離を縮めていかないといけない。

そして、同じ時間を共有しないといけない。

 

 

もちろん、その制限を超えていくために、メールや電話、あるいは画像を介してのコミュニケーションができるような技術が発達しました。

その恩恵によって、離れた誰かとでも、コミュニケーションを取ることができるようになりました。

 

けれど、そもそも身体を持ったことで、それが必要になったとも思えるのです。

 

遠い遠い、はるか何十億年もの昔。

海に溶けた塵なのか、なにか淀みのような部分があって、そこから原始的な生命が生まれ。

途方もない時間をかけて、いろんな生命の形になっていったと聞きます。

 

だとするなら、なぜ最初にその生命になろうとしたのでしょうか。

そこには、意思のようなものが働いていたようにも感じます。

 

なぜ、身体を持ち、分離しようとしたのか。

とても、不思議に思えるのです。

 

 

ふとした瞬間に、ここにはいない誰かのことを思い出す。

あるいは、ふっと故人のことをありありと感じたりする。

 

そんなとき、その誰かと、何らかの形でつながっているようにも感じられます。

 

もし肉体、あるいは身体がなければ、もっと簡単につながれるのでしょうか。

だとするなら、なぜそうした制限としての身体を持つことを、私たちは選んできたのでしょうか。

 

身体があればこそ、誰かと会うためには「いま、ここ」を共有せねばなりませんし、外界と自分を分離することにもなります。

 

そんな不便なものを、どうして持とうと思ったのか。

 

とても不思議なのですが、ストレッチをしながら緩んでいると、どうもこの不便で制限のある身体が、いとおしく感じられてくるのが不思議なのです。

その不便さと制限が、どうしようもなく、生きていることを感じさせてくれます。

 

そんなよしなしごとを考えながら、身体を伸ばしていると、とても心地がいいのです。