大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

木漏れ日の下で。

飽きもせず蝉取りに行く息子について、また川沿いの道を歩いていました。

 

蝉時雨が降りそそぐ中、見上げれば木漏れ日が。

 

夏の力強い陽射しが、勢いよく生い茂る桜の葉の間から、差していました。

 

桜が満開だった、春の日。

その下を歩いていたことを、思い出していました。

 

よく晴れた、あの春の穏やかな日差しの下。

すべての桜の花弁が、それを見上げる私に向いて、微笑んでいました。

 

なぜ、そんなにも愛を向けてくれるのか。

不意に頬をつたう涙とともに、その桜を見上げていました。

 

そんなことを、思い出す盛夏の日。

 

いつか、今日この日も、思い出に変わるのでしょうか。

それもまた、うれしく、また、せつなく。 

 

f:id:kappou_oosaki:20210726210443j:plain