大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

蒸し暑さを、喜ぶ。

時に大暑。

 

七十二侯では次侯の土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)。

土が湿って蒸し暑く、熱気がまとわりつくように感じる時候です。

 

その通りだからなのか、接近中の台風の影響もあるのか、今日は格別に蒸し暑い日でした。

 

そんな蒸し暑い中でも、ふと見ると小さな微笑みが。

 

f:id:kappou_oosaki:20210727203602j:plain

 

私たち人間は、一定の気温と湿度を超えると、非常に体力を消耗するのですが、植物はこの気候を喜んでいるようでした。

やはり湿度が高いと、植物の緑も映えて見えるようです。

 

人間にとっては、もう少しカラっとしてくれると、過ごしやすいのですが、植物にとってはこの気候が心地よいのかもしれません。

 

明日は土用丑の日、それを過ぎて来週末には、もう立秋が訪れます。

 

歳を重ねるごとに痛感するのです。

夏らしい夏の気候の時期は、ほんとうに短いものだな、と。

 

夏に限った話ではないのでしょうが、どうしても好きな夏となると、感傷的になるようです。

 

だからこそ、この蒸し暑さも、楽しみたいものです。

この目の前の、小さな紫の花のように。