大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

断酒日記 【1000日目】 ~変化と、やってきたゲラ。

さて、断酒を初めて今日で1000日が経ちました。

 

2年と9か月弱と書くと、それほど特別感もないのですが、1000日と書くと一つの区切りのような感じがします。

人の心というのは、不思議なものですね。

 

思えば、2年9カ月前の立冬を臨む、肌寒い日。

自宅の近くの小橋の上で、ふと、お酒をやめようと思い立ってから、長い時間が経ったようです。

 

習慣化された飲酒ができなくてしんどいな、と思ったのは、最初の1か月くらいがピークだったでしょうか。

あとは、徐々に徐々に、腫れが引いていくように、飲酒したいという欲がなくなりました。

 

断酒を始めたころ、ネット上で断酒をした方の体験談などを読んでいました。

断酒の効用から、再飲酒(スリップ)を避けるための注意点、断酒ができる環境づくりなどなど、さまざまな情報を得ることができました。

 

少しのことにも、先達はあらまほしきことなり

 

徒然草ではないですが、そんなことを感じておりました。

 

いまは、ほんとうに便利なもので、誰かの体験や知識、知恵に、簡単にアクセスできます。

この私の体験もまた、誰かのお役に立つことが、あるのかもしれません。

 

 

さて、以前の私が読んでいた断酒の体験談のなかで、興味深かったのが、断酒をやめてからの期間ごとの効用を書いていたサイトでした。

1週間、1か月、3か月、半年…と、飲酒という習慣をやめることによって、変わっていく体調や環境、人間関係を記してありました。

 

その中で、3年経つと別人格になり、何がしかの目に見える成果が出る、と書いてあって、そうなのかー、と思って読んでいたのを思い出します。

 

考えてみれば、3年経てば年も重ねますし、いろんな経験をするでしょうから、別の人格になっているのが当たり前のような気もします。

それは断酒していようが、していまいが、同じなんじゃないかな、と思ったものです。

 

さて、私が断酒をはじめて1000日、2年と9か月弱。

まだ3年には満たないのですが、そんな時分に、先日ドタバタしていた原稿のゲラが飛んできました。

 

3年経つと、ひとつの成果。

そんな言葉を、否が応でも思い出させてくれました。

 

断酒したから、いまがあるのか。

それとも、この目の前のいまは、必然なのか。

よく分かりませんが、時は流れ、いろいろと動いているようです。

 

外に出るもの、目に見えるものが全てではないのですが、さりとて一つの象徴として、それを捉えてみてもいいのかな、とも思います。

 

ただ、やることは変わらず。

日々、淡々と、粛々と。

書くことを、今日できることを、続けていきたいと思います。

 

f:id:kappou_oosaki:20210729215203j:plain