大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

断酒日記【809日目】 ~魔法の杖でも青い鳥でもなくても

さて、断酒809日目である。

都合、2年と2か月、もう飲んでいたことも忘れてしまうようだ。

 

断酒を始めるときに、参考にしていたサイトで、断酒の効用の説明があった。

断酒して1週間の効用、1か月の効用、3か月、半年…など、それぞれの期間で起こる効用について書かれていた。

 

ふんふん、と参考にしながら、自分の体験と答え合わせをしていた。

 

その中で、3年経つと別人になり、何がしかの成果が出る、とあり、当時は「おぉ、すげえ!楽しみだ!」と感嘆していた。

 

しかし考えてみれば、断酒していようが、していまいが、3年も経てば人も変わるのが普通である。

そして何がしかの成果を見つけられない方が、難しいだろう。

 

どんなことであれ、3年間生きてくれば、何がしかのことをしてきたはずである。

 

それは何か頑張ってきた、積み上げてきたものだけでもなく、休息を取ったということも、一つの成果なのだろう。

 

 

そう考えていくと、ある意味で断酒に対しての幻想から冷めているような気もする。

 

一振りで世界を変える魔法の杖、

どこかにいるはずの幸福の青い鳥、

まだ出逢っていない運命の人、

完全無欠のメンター、

この世の中の唯一無二の真理、

あるいは、誰よりもすごいほんとうのじぶん、など。

 

そうしたものがもたらす熱病のような高揚感、

あるいは、恋愛初期における全能感や多幸感。

 

そうしたもののもたらすものからは、遠く離れてしまったような気もする。

 

断酒は、魔法の杖でも青い鳥でもない。

そう思えるだけ、冷めてきてはいる。

 

しかし、面白いのはここからだ。

 

 

恋愛において、相手の全ての美点が反転してからが面白いように。

青い鳥が実は家の中にいたことが分かってからが、スタートのように。

自分の才能どころか、反吐が出そうな闇を見ることがはじまりのように。

 

スルメは、噛むほどに旨いのだ。

 

淡々と、淡々と続けてみよう。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________