大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

神さまトンボの夕暮れ。

夏の日の夕暮れは、どこか倦怠感があります。

日の出が早く、どうしても一日の活動時間が長くなる分、気怠くなる時間なのでしょうか。

 

徐々に穏やかさと暖かみを増していく陽の光と、掠れかけた蝉の声は、どこか終わりの寂しさを感じさせます。

ついさっきまで燃え盛っていた炎は、いつしか熾火のようになり。

夏の夕暮れには、そんな情感を覚えます。

 

ひらひらと、黒い翅が待っていました。

黒いトンボ。

ハグロトンボのようでした。

 

翅の黒いトンボには、縁があるようです。

切れてしまったつながりを探しに、多度の山を登ったとき、山中で先導してくれたのが、この翅の黒いトンボでした。

 

調べてみると、神様トンボ、極楽トンボ、仏トンボなどの別名があるようです。

翅が閉じたり開いたりする姿が、神様に手を合わせる仕草に似ているとか、お盆の時期によく見かけるので、ご先祖様が帰ってきたように見えるとか、由来は諸説あるようです。

 

ひらひらと舞っていた神様トンボは、草むらの陰に隠れてしまいました。

 

ずいぶんと、夕暮れの時間が長くなってきたような気がします。

過ぎ行く時間を、想う夕暮れでした。

 

f:id:kappou_oosaki:20210730215640j:plain