大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

書かせてもらう。

日々書いていると、時に書かせてもらっている、と感じることがあります。

 

それは、誰かから依頼をいただいて書く、という直接的な意味だけではなく。

誰にも依頼されずに書いている、日々のブログでも、手紙でも。

 

書いている、というよりも、書かせてもらっている、と感じることがあります。

 

それは、自分の中にある情感や、何がしかの風景を切り取って書いている、といよりも。

どこか、そこにあるものを書き留める、つなぎとめる、というような感覚です。

自分の意思というよりも、どこか、触媒になるというか、筆記具になるというか、使っていただくとか、そんな感覚。

 

まあ、そんな感覚になれるときは、そうそうないのですが、時にそんな感覚になることがあります。

 

そうしたとき、書き上げたときに感じるのは、達成感でもなくて。

ただ、書かせてもらって、ありがとう、という感謝です。

 

とても感覚的で、不思議な話なのですが。

 

たとえとして、合っているかは分からないのですが。

大きなことを成し遂げたアスリートやアーティストなりが、終わった後のインタビューで、必ずと言っていいほど、周りの人への感謝なりを述べるのは、それに近いような気がします。

 

その舞台に立つことは、もう自分一人の範疇ではない。

いろんな人の、いろんな想いを、応援を、すべて引き受けて、そこにいる。

 

それが過剰になってしまうと、犠牲の罠に嵌ってしまうのが、難しいところではあるのですが。

でも、どこかで自分の意思を超える地点が、あるような気がするのです。

 

それを夢と呼ぼうと、使命と呼ぼうと、ライフワークと呼ぼうと、天命と呼ぼうと、なんでもいいのですが。

そうしたものは、どこか自分の意思なり、何なりを超えたところにあるような気がします。

 

書かせてもらう。

そうしたものを感じる瞬間、言葉はいのちを帯びるのかもしれません。

 

f:id:kappou_oosaki:20210731175629j:plain