大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

雫の中に、反転する世界。

降り続く雨に、夏の終わりもどこへやら。

季節が逆戻りして、梅雨に戻ってしまったかのような、そんな感じもする長雨です。

 

いつからか、雨の時は雨の時にしか見られない景色を探すようになりました。

 

晴れの日は、晴れの日の。

曇りの日は、曇りの日の。

雨の日は、雨の日の。

 

そんな、風景を。

 

木の葉に滴る、雨の雫。

その雫に映し出される、反転した世界。

 

しばらく、その世界を眺めていました。

 

前後左右が、反転した世界。

その雫の中の世界に入ったら、どんな感じがするのだろうか、そんなことを考えていました。

 

けれど、よくよく考えてみれば。

鏡に映っているのは、反転した自分の姿です。

 

私の左目の瞼には、縫い跡があります。

幼い頃、近所の公園の飛び石を跳び損ね、頭からその飛び石にぶつけた際に、つくった傷跡です。

何針か縫う、大きな怪我だったように覚えています。

 

その傷も、もはや私のアイデンティティの一部なのでしょう。

けれど、鏡でよく見るその傷は、実は自分の認識している場所とは、左右が反対の場所にあるようです。

 

左右が反転した世界。

 

ほんとうの自分の姿とは、実は自分が思っていることと反対の姿にあるのかもしれません。

 

ぽたり、とその雫が垂れて落ちました。

それと同時に、また小さな雫が、垂れてきました。

 

また、反転した世界が、映し出されていました。

 

f:id:kappou_oosaki:20210816191456j:plain