大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

足元を見つめる、白露。

時候は「処暑」から、「白露」へ。
草木に降りた露が、白濁して涼しく見えるころ。

七十二侯でも、「草露白くさのつゆしろし」の時候。
日中と朝晩の寒暖差が、徐々に大きくなってくる。

ちょうど、夏から秋への端境期くらいなのだろうか。

季節は、めぐる。

そんな今日だが、秋の風情を感じるような気候でもなかった。
台風の影響もあり、朝から怒鳴るような降り方をしたと思えば、ぴたりと止んで晴れ間が見えたり。

かと思えば、滝のような豪雨がまた降り始めたり。

どこか不安定な面持ちの、今日の空。

雨の合間に、足元の草木を眺める。
緑の葉に、いくつかの雫が揺れていた。

ゆらゆらとしていたが、すぐ隣の雫と合わさって、つるつると葉の上を滑って行った。

朝露ではないけれど。

季節を、愛でる瞬間が持てたことを、喜ばしく思う。

こころは夏に留まりつつも。

日中の陽射しはまだまだ強くとも。

気付けば、夏が過ぎ行く。

秋が、訪れる。

どこか、寂しさとともに。
どこか、ほっとした感じとともに。

f:id:kappou_oosaki:20200907131711j:plain

朝露ではなく、雨の雫。