大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

草木萌動のころ、熱田神社にて。

椿と山茶花の見分け方は、花の落ち方が最も分かりやすい。

花びらが一枚一枚散っていく山茶花と、花がまるごとぽとりと落ちる椿。

 

いつか聞いた、そんな話を思い出す。

 

自宅の周りには、山茶花が多いからだろうか。

椿を見かけると、嬉しくなる。

 

f:id:kappou_oosaki:20210302194812j:plain

 

熱田神宮の境内の椿は、いまが盛りのようだった。

 

夜半からの雨に濡れて、どこか寄り添うような、二つの花。

 

傘を叩く雨音とともに、それを眺めていた。

よくよく見れば、少ししおれてきている、その椿の花。

 

不完全さこそ、美しい。

その不完全さもまた、完全さの中にある。

 

 

少し早く着き過ぎたようで、こころの小径はまだ開いていなかった。

 

軒先をお借りして、ぼんやりと分厚い雲が覆った空を見上げる。

 

軒先から落ちる雫の音を聞く。

不規則なようで、どこか意志をもったような、その音楽。

 

雨は、世界を変える。

 

石垣から、水滴が滴っていた。

かたちを変えて大きくなり、ぽとんと落ちる。

 

f:id:kappou_oosaki:20210302194802j:plain

 

その大きくなった瞬間の半球のようなかたちの中に、世界が反転して見えた。

 

雨足が強くなり、水滴がいくつも並んだ。

反転した世界が、いくつも並んでいた。

 

雨は潤い、雨は恵み、雨は癒し。

 

乾いた割れ目に浸み込むように。

 

 

神宮を出ると、まるで台風かゲリラ豪雨のような春の嵐にあたられた。

 

メイストーム

そんな言葉が思い浮かんだが、5月にはまだ早い。

 

フロントガラスを叩きつける雨に、私は春を想った。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________