大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

晩秋の訪いは、カラフルな葉の色とともに。

風が、少し冷たかった。

朝方見えていた陽の光は、雲の向こうに隠れてしまったようだ。

ひんやりと肌に触れる、その感覚。 

その久しぶりの感覚にしばらく身を浸していたが、ふと我に返ってそれが晩秋の訪いを意味するのだと思った。

f:id:kappou_oosaki:20201018223841j:plain

時候は「寒露」からもうすぐ「霜降」へ。

露から、霜へと変わる。 

f:id:kappou_oosaki:20201018223850j:plain

息子と娘と、自転車で桜並木の坂を下っていく。

頬が風を切る感覚。

それもまた、久しぶりだった。 

小さな自転車を必死で漕いで、遠くへ出かけた遠い日の思い出。

あの自転車で、世界のどこまででも行けるような気がした。

接着剤で固めたように重いペダルを、力いっぱい踏んで。

川にかかった大きな橋を渡った。

橋の頂上までやってくると、一気に視界が広がった。

青々と広がる田んぼ、遥か彼方の山々、そして遠く都会に見えるビルの群れ。

頂点から、ブレーキをかけずに下った。

並走するバイクよりも、車よりも、時間よりも。

速かったような気がした。

どこまでも行けるような、そんな気がした。

遠い日の、記憶。

f:id:kappou_oosaki:20201018223935j:plain

坂もなだらかになったところに、金木犀が咲いていた。

その香りが、鼻腔をくすぐった。

その香りもまた、秋の訪いを実感させる。

f:id:kappou_oosaki:20201018223922j:plain

見上げれば、カラフルな色の葉が。

信号機のようにも、国旗のようにも見えた。

役割を終えた葉は、色を変えて、やがて舞い落ちる。

小さきものたちが、それを冬の間に肥やしにするのだろう。

f:id:kappou_oosaki:20201018223832j:plain

秋の深まりを感じるとともに、分厚い雲の向こうの陽光を私は想った。