大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

【ご案内】ハチドリチャンネルさま朗読企画#1 「これからお布団に入るあなたへ」

カウンセラー仲間であるハチドリドロップス@モノと心の\ズボラ/片付けカウンセラー ふせけいこさんのstand.fmのチャンネルに寄せて、朗読用の文章を書かせていただいております。

音声というのは不思議なもので、書かれた文字にいのちを吹き込んでくれるようです。

しかし声に出して読まれる前提で書くというのは、なかなか難しいものです。
こうしたチャレンジの機会を与えてくださったハチドリさんには、厚く感謝申しあげます。

第一回目は、「これからお布団に入るあなたへ」
こちらのリンクから、朗読をお楽しみください。

stand.fm

きょうもいちにち、おつかれさまでした。

誰かのことに、あれや、これやと気を回して。
自分のことを、あとまわしにして。
あたりまえのように、誰かのことを想い、誰かのために動いて。

ほんとうに、おつかれさまでした。

きょういちにちが終わり。
からだを横たえ、目をとじるそのときに。

右のてのひらを、左の胸にあててみてほしいのです。

ドク、ドク、ドク。

がんばったあなたの、そのなかでも。
一分、一秒も休まずに、刻みつづけている、その鼓動。

ドクン、ドクン、ドクン。

きのう、きょう、あした。
いままでも、ずっと。
きょうも、ずっと。
あすも、ずっと。

きのう、きょう、あした。

しばし、そのビートに、耳を、傾けてみてください。

そして、そのがんばりやさんを、いたわってあげてください。

あなたご自身を、いたわるように。

ドク、ドク、ドク。

きょうもいちにち、がんばりました。
きょうもいちにち、おつかれさまでした。

おやすみなさい。
また、あした。