大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

会いたい人に、会いに行く。

心の声に耳を澄ませる、ということ。

 

わがままになってみる、ということ。

 

好きなものを好きと言う、ということ。

 

そして、

会いたい人に会いに行く、ということ。

 

「旅」というものが最も大きな自己投資の一つであるように、

 

会いたい人に会いに行くというのは、

最も自分を大切にする行為の一つであると思う。

 

 

ということで、昨日は西野亮廣さんの講演会を聞きに、三重県まで。

 

f:id:kappou_oosaki:20181020013443j:plain

 

絵本「えんとつ町のプペル」で号泣して以来、西野さんのブログオンラインサロン

でその活躍を拝見しては、勇気を頂いている。

 

生で西野さんのお話を伺うのは初めてだったが、その熱量の才能と努力には圧倒された。

 

会場に掲示されていたこのパネルにうるうるきてしまった。

 

f:id:kappou_oosaki:20181020013437j:plain

 

うーん、このパワーワード。

両親との別離が人生のキーストーンである私にとっては、何度「えんとつ町のプペル」を読んでもやられてしまう。

 

お話しの内容については、改めてまとめてみたいと思う。

 

やはり自分の価値観の範疇の外にいる人に会って話を聞くのは、世界を広げてくれる。