大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

夜なればこそ。

夜なればこそ。

 

きらびやかなイルミネーションが映えるのも、夜だから。


昼間の明るさの下では、それは映えない。


影があるから、光が存在できる。


光あればこそ、影ができる。


陰陽。 


マイナスと、プラス。


いいことばかり起きることを願うよりも、


望まない現実が起こっても対処できるような、


心の強さと頭の柔らかさを持っていた方が、豊かな生を送れると言える。


清濁合わせ呑むくらいに鷹揚としていた方が、楽に生きられる。


自分に光だけを求めようとすると、
息苦しさと堅苦しさを周りに振りまき、
いつのまにか相手が疲れてしまう。


光だけの相手を求めて仮に得られたとしても、
しばらくすれば相手の粗を探し始め、
文句や愚痴で自分が影になってしまう。


バランスの、法則。


春が過ぎれば夏が来るように、
秋が過ぎれば冬が来るように、


自然のサイクルには抗えない。


自らの心は、


新緑の風の下か、
錦秋の澄んだ空の下のように、
暑くもなく寒くもないニュートラルな場所に置いて、


夏が来たら薄着にして、
冬が来たら厚着にする、


準備を整えておけばいい。


時間はかかれども、いつかそれは巡り巡ってくるのだから。

 


夜なればこそ、

昼なればこそ、

 

世界は美しい。

 

f:id:kappou_oosaki:20181108211206j:plain