大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

夢と内省のあいだ

夢を叶えるためには、行動するということ。

 それは思い描いたあの場所へ、虹の架け橋を描き具現化すること。


行動するためには、結果への期待を捨てるということ。


 期待すればするほど、望まない結果が出たときに動けなくなる。

結果への期待を捨てるためには、動くことに喜びを感じること。

 動くこと自体に喜びが感じられれば、結果がどうあれ楽しめる。

動くことに喜びを感じるためには、こうあるべきという制限を外すこと。

 男だから、今までそうだから・・・思考は放っておくと硬直化する。

制限を外すためには、正解はいくつもあると知ること。

 ただ一つの正解を選ぶのではなくて、自分の選んだものが正解なんだ。

正解はいくつもあると知るためには、他人を知ること。

 もっとも自分の認められない相手こそ、正解の山である。

他人を知るためには、他人と自分を分けること。

 他人が立っている場所に目を奪われない。

他人と自分を分けるためには、自分を知るということ。

 どこまでが自分の領域で、どこまでが自分の感情なのか。

自分を知るということは、心の声を聞くいうこと。

 声なき声に、静かに耳を澄ませるということ。

心の声を聞くということは、ネガティブな感情を避けないということ。

 震えるようなその怒りの底にいる、呆然とした目をした幼子を抱きしめること。

ネガティブな感情を避けないということは、自分と向き合うということ。

 それは感じるほどに、自分を解放することができる

自分と向き合うということは、内省するということ。

 1日5分でも、誰の為でもない自分だけのための時間を持つということ。
 
 

つまりは、
 
内省するということは、

夢を叶える、

 

ということ。

 

f:id:kappou_oosaki:20181114194705j:plain