大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

3月10日。

3月10日。

 

火曜日。

 

昼前から雨、のはずだった。

 

予報は外れ、朝から降り出していた。

 

分厚い雲から泣き出すように降り出した雨は、どこか季節感がなかった。

 

どこか空気が重苦しく、鬱陶しかった。

 

雨の足音だけが、車内に響いていた。

 

そういえば、3月10日だった。

 

母の命日だった。

 

 

春という季節は、心もようを不安定にさせる。

 

輪郭がぼやけた陽気がそうされるのか。

 

それとも、冬ごもりの間に溜め込んだ毒素がそうさせるのか。

 

薬缶に張った水。

 

火にくべて熱を加えるときは、ぐらぐらと波立つ。

 

けれど火を消して冷ますときは、水面に一つの波も立たない。

 

春という季節は、私の心もようを不安定にさせる。

 

生命を謳歌するはずの季節に、不安と怖れを覚える。

 

その対象は、目先の何か個別の問題のように見える。

 

けれど、多くの問題がそうであるように。

 

それは、直視できない問題から目線を逸らすためのダミーだ。

 

突き詰めていくと、その不安と怖れの対象は、死だ。

 

それは、生きることへの根源的な怖れでもある。

 

 

すべての人間の行動原理は、愛であるという。

 

愛ゆえに。

 

愛ゆえに人は与え、責め、許し、愛し、奪い。

 

癒し、傷つき、怖れ、歌い、生きる。

 

世界のどこを切り取っても愛が残るならば。

 

愛に何を結び付けても構わないのだろう。

 

 

一方で、人はかつて自分が愛されたように、他人を愛する。

 

言葉で伝える愛し方もあれば、

抱きしめる愛し方もあれば、

何も言わずに見守る愛し方もあれば、

暴言を投げつける愛し方もあるかもしれない。 

 

孤独と寂しさこそが、愛。

 

私は長らく、そう思い定めてきたのかもしれない。

 

父が。

 

そして、母が与えてくれたものだから。

 

ほんとうに大切なものからは、離れることで愛したくなる。

 

それは、春に少し似ている。

 

生命を謳歌するはずの季節に、死の怖れを想うことに。

 

 

しだれ桜の色を想うとき、母を思い出す。

 

いや、母の不在を思い出す。

 

なぜか、その記憶には、春の音も、桜の匂いもない。

 

ただ、画面越しに映った画素の荒い色を、覚えている。

 

冷たい雨は、変わらずアスファルトを濡らしていた。

 

3月10日が、流れていく。

 

f:id:kappou_oosaki:20200310174749j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________