大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

不完全さの中に、完全を見ること。

夕立ちと呼ぶには、あまりにも激しい雨が降りました。

 

みるみるうちに暗くなった空は、急に夜になったようで。

その空には雷光が走り、同時に滝のような雨が降り出していました。

 

梅雨も終わりに近づくと、大雨が降ることがあると聞きます。

とはいえ、激情をぶつけるようなその雨の降り方は、つい先ほどまで見えていた青空とは不似合いなようです。

軒下で雨宿りをしながら、わたしは畏怖の念とともに眺めていました。

 

傘もまったく役に立たなそうな、横殴りの降り方。

それにしても風情のない降り方だと、どこか他人のように、雨粒が描くいくつもの線を見つめていました。

 

天気というのは、不思議なものです。

晴れたり曇ったり雨が降ったり雪降ったり。

移り変わる空模様を、いつも眺めています。

 

季節もまた、似たようなものかもしれません。

桜の開花にこころ躍らせ、入道雲を日傘越しに眺め、暖色の落ち葉に想いを寄せ、吐く息の白さに手のひらをかざす。

流れゆく季節を、いつも眺めています。

 

あるいは、人のこころの内面もまた、同じように感じます。

あたたかなつながりを感じたり、凪のような時間があり、凍えるようなさびしさがあり、あるいは、よろこびといろどりを感じたり。

日々生まれ、日々消えゆくうたかたのような感情を、いつも眺めています。

 

その空模様の織りなり、季節のめぐり、あるいは心もよう。

それらは移ろい、流れ、変わりゆき、それを観る者を飽きさせません。

 

けれど、その移ろいの裏側に、変わらないなにかがあるようにも感じます。

 

目の前の事象ではない、何か。

 

天気、季節、感情。

そういった一般名詞でしか表せない、何か。

 

そうしたものが、たしかにあるような気がするのです。

 

この夕立とも呼べないような土砂降りの雨も、いつしか晴れ間が広がるように。

流れる季節とともに、空の色が深まるように。

さびしさもまた、いつしかあたたかな愛に変わるように。

 

移り変わりゆくものの中に、人は永遠を見ることができます。

去りゆくものの中に、人は望郷を覚えることができます。

さびしさと痛みの中に、人はいとおしさとあたたかさを感じることができます。

 

不完全さの中に、完全を見ること。

それは、人に与えられた最も偉大な才能の一つのように感じます。

 

不完全の中の、完全。

それは、愛と言い換えられるものなのかもしれません。

 

f:id:kappou_oosaki:20210713192600j:plain