大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

ちいさな身体いっぱいに春の息吹を詰め込んで ~愛知県刈谷市「魚屋ごんべえ」訪問記

肌寒い日が続いたあとは、春の陽気が訪れる。

三寒四温とはよく言ったもので、冬のコートの出し入れに悩んでいるうちに春はやってくる。

その日の日中は、少し汗ばむような陽気の日だった。

春の陽気というのは、なぜあんなにも、人をぼんやりとさせるのだろうと思う。

それでも、陽が沈んだあとの風は、やはりまだ冷たい。

そんな日の夜に、刈谷市の「魚屋ごんべえ」さんを訪れた。

f:id:kappou_oosaki:20200319235331j:plain

少し肌寒い春の夜の闇に浮かび上がる、暖かな灯り。

先週、ちょうど臨時休業の日に来てしまって地団駄を踏んだが、ようやくこの灯りを訪れることができた。

f:id:kappou_oosaki:20200319235322j:plain

店頭に掲げられた本日の献立。

何度も書いている気がするが、これを眺めている時間が、至福の時間である。

遠足は行くまでが楽しいように。

夢もライフワークも願望も、過程が楽しいのだ。

f:id:kappou_oosaki:20200319235314j:plain

カウンターに腰を下ろして、ぼんやりと天井を眺める。

椅子を通って、一日の疲れがどこかへ流れていく。

かつをたたきサラダ、そしてノンアルコールを。

しみじみと、旨い。

大将と、ぽつりぽつりと話す。

ここのところのウイルスの騒動について、などなど。

こういうときこそ、大切な場所には足を運びたいと思う。

結局のところ、問題が教えてくれるのは、自分が大切にしているものなのかもしれない。

f:id:kappou_oosaki:20200319235538j:plain

「生ほたるいか天」を。

富山からやってきた、大きな大きなホタルイカ。

口に含むとミソが溢れ出て、滋味が広がっていく。

f:id:kappou_oosaki:20200319235530j:plain

お好みで、天つゆを。

その身体から溢れる滋味は、ようやく訪れた春を教えてくれる。

ちいさな、ちいさな身体いっぱいに、春の息吹を詰め込んで。

春が、やってきた。

その喜びとともに、ほたるいかを愛でる。

f:id:kappou_oosaki:20200319235522j:plain

最後はいつもの「サバの塩焼きと豚汁定食」で。

安定の、旨さ。

日本に生まれて、和食が食べられてよかった。

手をよく洗うこともそうだが、身体を動かすこ、笑うこと、そして美味しいものを食べること…

ウイルスに負けないように、自らの免疫を高めるために必要なことは、いつもの生活を、丁寧にすることなのだろうと改めて思う。

ごんべえさん、ごちそうさまでした。

また来ます。