大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

最も遅く咲いた桜が、最後まで咲き誇る。

空を、見上げた。

青が、春先の霞がかったようなぼやけた色から、透明度を増したようだった。

f:id:kappou_oosaki:20200425180908j:plain

また一つ、季節が進んだように感じる。

七十二候では、「霜止出苗しもやみてなえいずる」。

霜も降りなくなり、いよいよ苗が大きく育っていくころ。

田植えをしておられる知人たちも、田植えの準備に忙しくされている様子をSNSで拝見した。

私たちの祖先も、実りの秋に向けて、連綿とこの季節に田植えをしてきたのだろう。

希望を、胸に。

f:id:kappou_oosaki:20200425181035j:plain

歩いていると、満開のツツジが一斉にこちらを覗いてきたような錯覚に陥った。

ツツジが花開きだすと、風も薫るように感じる。

いよいよ、春から初夏へ。

f:id:kappou_oosaki:20200425181025j:plain

見上げれば、薫る風に泳ぐ、真鯉と緋鯉。

そういえば、もう端午の節句も近いことも、忘れていた。

鎧兜も、そろそろ押し入れから引っ張り出さないと。

何かと騒がしい世相に心を奪われがちだが、ほんの半径数メートルの変化に目を凝らしていると、心は不思議と落ち着く。

f:id:kappou_oosaki:20200425180856j:plain

今年も見事な情景を見せてくれた桜並木も、もう緑一色に。

緑一色と書くと、リュウイーソーと読んでしまうのは、学生時代の後遺症なのだろう。

…などと、アホなことを考えていると、ふと、まだ咲いている桜がないか、探したくなった。

川沿いの桜を、一本一本、眺めて歩く。

f:id:kappou_oosaki:20200425180844j:plain

あった。咲いていた。

まだ、咲き誇っていた。

日当たりの悪い、並木の隅の方で。

されど、周りが散った後で、その小さな花弁は、ひときわ美しく見えた。

名残の桜の、さらに、名残。

けれど、この桜は、最も遅く咲いた桜なのだろう。

その桜が、最後まで咲き誇る。

早い遅いなど、気にしなくていい。

時が満ちれば、ただ、咲くのだ。

遅いことは、何も恥ではない。

その小さな桜は、雄弁に語っていた気がした。