大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

皐月の終わりに。

早いもので、今日で5月も終わり。

ついこの間まで、桜がどうのこうのと言っていたような気がするが、季節の移ろいは早いものだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20210531200712j:plain

 

気づけば紫陽花が満開を迎え。

吹く風の湿り気に、梅雨を想い。

 

季節の移ろいは立ち止まらず、ただ流れていることのみが変わらない真実のようで。

 

f:id:kappou_oosaki:20210531200652j:plain

 

時に小満、あるいは麦秋至(むぎのときいたる)。

初めて北方謙三さんの歴史小説で、初めて麦秋という表現を目にして、調べてみたらこの時期だったことを思い出す。

 

麦は収穫の時期、そして米は田植えの時期。

農家の繁忙期でもある。

 

f:id:kappou_oosaki:20210531200702j:plain

 

陽射しに、もう夏の香りを感じながら。

上昇する気温とともに、半袖への衣替え、布団を薄いものに変えたりなど。

 

毎年繰り返される、そんなことが、どこかいとおしく感じられる。

 

f:id:kappou_oosaki:20210531200751j:plain

 

まだツツジが咲いていた。

白とピンクと、そしてその2色がまだらになっためずらしい花の色。

 

いつもの道を歩きながら。

 

もし、願いがすべて叶うのだとしたら。

そんな仮定が、思い浮かぶ。

 

願いがすべて叶うのだとしたら、どんな世界を作るのだろう。

汗ばむ陽気のなか、ふと考える。

 

f:id:kappou_oosaki:20210531200801j:plain

 

案外と、いま目に映る世界、そのままなのかもしれない。

 

足元の黄色と白色を眺めながら、そんなことを思った。