大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

感情は選べないが、思考は選ぶことができる。けれども。

感情を海に例えるならば、思考はその海岸に建つ砂の城なのだろう。

 

前者は揺蕩うに任せるのみだが、後者は自ら選ぶことができる。

 

 

感情は日々、瞬間瞬間に湧き上がり、そして消えていく。

 

どんな感情もコントロールすることはできず、ただ過ぎ去るのを待つことしかできない。

 

それを無理矢理コントロールしようとすると、おかしなことになる。

 

それは、海の表情をどうにかコントロールしようとすることに似ている。

 

時に穏やかに凪ぎ、時に満ち、時に引き、時に荒れ、時に大きな波が打ち寄せる。

 

それは移ろいゆく景色と同じで、ただ流れていく。

 

昨日は晴れた、凪いだ。

今日は風強く、波高く。

さて、明日はどうだろう。

 

海街に暮らす人は、ただそれを眺めて暮らす。

 

それをコントロールしようとは思わないだろう。

 

感情もまた、ただ浮かんでは消え、ただ揺蕩い、ただ流れていく。

 

嬉しい、悲しい、寂しい、悔しい、愛しい…あるいは、名のつけようのないような、こころもよう。

 

それは、コントロールできない。

 

ただ浮かび、ただ消え、ただ流れていく。

 

それを留めたり、コントロールしようとするのは、無駄なことだ。

 

 

他方、思考というものは、選ぶことができる。

 

ものごとを、どう捉えるかについての選択権を、人は与えられている。

 

一つの事象に対して、無限の解釈が可能だ。

 

あの人は私を嫌っている。

あの人は私を愛していた。

私は私を否定している。

それでも私は自分を愛している。

 

それは、人間に与えられた偉大な力の一つである。

 

それは、海街に遊びにきた子どもたちが、一生懸命に砂浜にお城を建てるように。

 

どんな豪華絢爛なお城を建てるかは、子どもたち次第だ。

 

中世ヨーロッパのような荘厳な城を建てるのか。

古代ギリシャに特徴的な円柱を持つ神殿か。

立派な天守閣と外郭を持つ戦国時代のお城か。

 

その選択権を、誰しもが持っている。

 

いや、もっと自由でいい。

 

ただ砂をこね、ただ砂を固め、ただ砂を積み…それだけでもいい。

 

どんな思考でも、人は選ぶことができる。

 

それは、人に与えられた偉大な力の一つだ。

 

 

やがて陽が傾く。

 

引いていた潮が、少しずつ満ちる。

 

夢中になって遊んでいた子どもたちも、もうその姿はない。

 

波打ち際が近づき、その子たちが建てたお城に波のしぶきがかかる。

 

やがて波は、そのお城をまるまると呑み込んでいく。

 

立派に建てたそのお城も、海面から突起が見えるくらいになる。

 

その突起も、次の波で崩れる。

 

聞こえるのは、波の音だけになる。

 

やがて波が引いた後には、平らな砂浜が広がる。

 

明日は、どんな城を子どもたちは建てるのだろう。

 

 

感情は選べないが、思考は選ぶことができる。

 

前者は揺蕩うに任せるのみだが、後者は自ら選ぶことができる。

 

だから、後者は人に与えられた偉大な力の一つである。

 

だからこそ、前者は人に与えられた偉大な恩恵の一つである。

 

f:id:kappou_oosaki:20200529174900j:plain

 

________________________

今週末のダービーに寄せて、

ウマフリさんに寄稿させて頂きました。

19万6517人と、無観客〜それぞれのダービーに寄せて〜

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________