大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

ときには、マスクを外して深呼吸を。

梅雨の中休みだろうか、晴れ間が広がる。

f:id:kappou_oosaki:20200617165127j:plain

陽の光の強さは夏を思わせるが、空に広がる色は、どこかまだ優しさを残していた。

頬を撫でる風もどこか優しく、心地よい新緑の季節の忘れ物のようだ。

名残を置き土産にしながら、季節は流れていく。

川沿いの紫陽花は、今が盛りのようだ。

f:id:kappou_oosaki:20200617165136j:plain

紫陽花は雨に濡れる姿がよく似合うが、晴れた空の下のそれも悪くない。

このあたりであまり見かけない、濃い紫の花弁。

小さな小さな花が集まって、紫陽花を形づくっている。

自然の織りなすフォルムの美しさに、しばし見惚れる。

ふと甘い香りに足が止まる。

f:id:kappou_oosaki:20200617165118j:plain

魅惑の甘い香りを放つ、白い花。

クチナシの花だろうか。

以前にも書いたような気がするが、私は五感の中で「嗅覚」が最も鈍いようだ。

そんな私でも明確に気付くくらい、強烈な甘い香り。

香り、匂いというのは不思議だ。

たまたま味覚に近い感覚があるから、このクチナシの香りは「甘い香り」と表現できるのだろうが、香りを言語で表現することは、他の感覚に比べて難しいように感じる。

それだけ、人の本能的な部分に訴えかける作用が大きいのだろう。

クチナシの花。

春のジンチョウゲ、秋のキンモクセイと並んで、「三大香木」と評されるくらい、魅惑の香りを持つ。

しばらくその場に立ち尽くし、「いま」を味わう。

マスク生活が当たり前になると、どうしても嗅覚がおかしくなる。

熱中症の懸念もさることながら、五感の中で特別な感覚である嗅覚が塞がれるというのは、あまりよろしくないのだろう。

素足で、土の上を歩くように。
素手で、樹木に触れるように。

ときには、マスクを外して思い切り深呼吸を。
ときには、季節の香りを胸いっぱいに詰め込んで。