大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

湿気とアヤメ。

雨が降ったり止んだり。
湿気の多い日が続く。

夏至も次侯になり、「菖蒲華(あやめはなさく)」の時候。
「アヤメが咲くと梅雨到来」と言われるように、その紫色が世界を彩るころ。

夏本番前の湿気の多い曇り空、あるいはよく雨の落ちるこの時期には、紫色がよく似合う。

どこか涼しげで、それでいてどこか温かみのある、アヤメ色。

ところがこのアヤメ、生育するのは湿気の少ない乾燥地帯と聞く。

湿気と、乾燥と。
ウェットさと、ドライさと。

それはそのまま、人間関係の妙でもある。

時に、しとしとと落ちる細かい雨に、湿り気を帯びながら。

時に、真夏になったかのような陽の光に、乾きながら。

アヤメは、咲く。 

f:id:kappou_oosaki:20200520183704j:plain

アヤメ、ショウブ、カキツバタを見分けるのは難しい。

花弁の根元に白と黄色の網目模様があるこの花は、アヤメだと思うのだが。

何れ菖蒲か杜若。