大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

断酒日記【617日目】 ~変化がないのも、変化のうち。

さて、断酒も617日目になった。

特に何か変化もないが、さりとてそれを書き残しておくのも、大切な定点観測のようにも思う。

変化とは、自らの目に映るものだけでもないだろう。

変化がないのも、変化のうち。

そう考えると、諸々の見方が変わる。

急がなくなる、とでも表現しようか。

あるいは、変化している、という前提で見ることもできる。

もし、変化しているとしたら、どこが変化しているのだろう、と。

この視点は、非常に大切だ。

なにしろ、自らの身体を構成するアミノ酸は、30日ですべて新しいものに入れ替わるという。

何もしなくても、30日後には全く新しい個体に変わっているとも言える。

ときに断酒も、同じことかもしれない。

何もしなくても、時を重ねるだけで変わるものもある。

変わっていくことを、受け入れること。

自分の内なる変化を、認めてあげること。

それは、目に見える何かが変わったとか、
あるいは何かができるようになったとかではなく。

そうではなくても、
ただ、時を重ねることを許すこと。

ときにそれを、熟成と呼ぶのだろう。

そして、ときにそれを、自分を愛することと呼ぶのだろう。

f:id:kappou_oosaki:20200711072124j:plain

旬の水茄子のぬか漬けを、生姜醤油で。