大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

取りこぼしている幸せは、ないだろうか。

休診、か…

土曜日だから診察しているだろうと思って、朝一番で訪れた皮膚科は、入り口に「臨時休診」の札が掲げられていた。

病院も、世間にあわせて四連休らしい。
祝日が二日続いた後の土曜日だから、事前に確認しておくべきだったか。

前日から降り続く雨に、傘をさしてここまで歩いてきたが、また同じ道を戻ると思うと、至極億劫になった。

湿度は高く、噴き出した汗は止まらない。

そうはいっても仕方なく、閉じた傘を再び広げて、雨に濡れた道を歩き出す。

帰りは、少し道を変えてみよう。

梅雨明けはまだらしく、しとしとと降る雨は、止む気配がなかった。

そんな川沿いの道すがら、薄紅色の頬が濡れているのを見かけた。

f:id:kappou_oosaki:20200725094958j:plain

真夏、というのは花の種類が少なくなるように思う。
そんな中でも、微笑んでいた。

雨に濡れる花というのは、どうしてこうも美しいのだろう。

晴れた空は見えなかったが、そのおかげで雨に濡れた花を見ることができた。

病院にはフラれたが、そのおかげでこの花を見つけることができた。

「取りこぼしている、幸せ」

そんな言葉が、思い浮かぶ。

日々の中で、取りこぼしている幸せは、ないだろうか。

傘をさすことも、雨に濡れることも、病院に歩いて行くことも、朝目覚めることも。

何もかもが、当たり前であるはずもない。

探しているものは、そこにあるのだ。