大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

A(えい)

A(えい)。

 

いい響きである。

 

たとえば、将棋における順位戦の最高クラスは「A級」である。

 

「神童」と称されるような天才たちの中の、ほんの一握りがなれるプロ棋士、その中で「A級順位戦」に在籍できるのは、わずかに10人。

 

その10人の総当たりで、もっとも歴史あるタイトル「名人」への挑戦権を争う。

 

たとえば、ずっと「エースで4番」だった人たちが集まる、プロ野球

 

セントラル、パシフィック、各6チームのうち上位3チームが「Aクラス」と称される。

 

 

以前に小売りの仕事に就いていた時代、中日ドラゴンズが優勝すると「優勝セール」を実施していた。

 

折しも当時、落合博満監督のもと、ドラゴンズは常にセ・リーグの優勝争いに絡んでいた。

 

マジックが2以下になると、当日のドラゴンズと2位チームの試合結果によって、翌日の営業体制が変わるのだから、帰りが遅くなるものだった。

 

セールが好評だったこともあり、そのうちに対象となるドラゴンズの成績が「優勝」から拡大していった。

 

クライマックスシリーズ」で負けても、「残念セール」という具合に。

 

今年はコロナ禍でクライマックスシリーズがなかったが、例年、3位までのチームがクライマックスシリーズに進出する。

 

Aクラス、である。

 

セールの準備をしながら、「3位でもセールやるなら、もうずっと毎年セールじゃん」と同僚と言い合っていたことを覚えている。

 

今思えば、幸せな時代だった。

 

 

ところが、である。

 

栄枯盛衰、盛者必衰、奢れるものも久しからず。

 

落合監督から高木守道監督に変わった2012年に2位になって以来、ずっと4位以下=Bクラスに沈む年が続いてきた。

 

何のことはない。

 

ただそこに「あった」だけものものを、「当たり前」と勘違いしていただけだ。

 

毎年、春には「今年こそは…」と期待を込めるのだが、交流戦前には失速、夏には早くも秋風が吹き始めるシーズンが続く。

 

「勝ち負けは兵家の常」とはいえ、負けが続くことは堪えるものだ。

 

そのうちに、「生粋のカープファン」の同僚の応援する広島東洋カープは、なんと25年ぶり(!)のリーグ優勝を達成し、それにも飽き足らず3連覇まで成し遂げた。

 

25年ぶりの美酒の味に、同僚は幸せそうな顔をしていた。

 

うらやましいこと、この上ない。

 

 

前置きが長くなり過ぎだ。

 

中日ドラゴンズが昨日の試合に勝ち、今シーズンのAクラスを確定させた。

 

実に8年ぶり、である。

 

与田監督は就任2年目にして、球団最長となっていた負の歴史に終止符を打った。

 

残念ながらコロナ禍のシーズンで「クライマックスシリーズ」は行われないが、来年以降に希望を灯す勝利だった。

 

それにしても、怪我人が続出する中、よくぞここまで、と思う。

 

昨日の試合は、今シーズン無双の投球を続ける大野雄大投手が7回無失点、チームを支え続けた救援陣もそれに続いた。

 

野投手は、自身の入場曲を吉見投手が使っていたモンキーマジックの「ただ、ありがとう」に変更して、慕う先輩への感謝を示した。

 

奇しくも、同日、落合監督時代の黄金期を支えたエース・吉見一起投手の引退会見が行われていたからだ。

 

その吉見投手が、引退会見の中で謝辞を向けたのは、かつての正捕手であり、監督も務めた谷繫元信氏だった。

 

今日の勝利は、チームが沈む苦しい時代を支えた、彼らの勝利でもある。

 

感情も、人生も。

 

沈むときもあれば、浮くときもある。

 

沈んだら沈んだだけ、浮いたときの御馳走だ。

 

今日は、いい日じゃないか。

 

f:id:kappou_oosaki:20190608144445j:plain

与田監督就任初年度だった、昨年のナゴヤドームにて。

後ろに道があるから、前進できるんだ。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________