大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

エースの矜持。

知人が、バンテリンドームナゴヤへ中日ー阪神戦を観に行くという。

折しも今日は、不動のエース・大野雄大投手の登板日。

 

うらやましいことこの上ないと思いながら、帰宅してテレビをつけた。

2回に虎の大型新人・佐藤輝明選手にソロホームランを被弾したようで、0対1で負けていた。

 

表情を変えず、淡々と。

大野雄大投手は左腕を振るっていた。

 

 

それにしても、今年のドラゴンズはどうしたことか。

昨年は8年ぶりのAクラスとなる3位に浮上し、暗黒時代にピリオドを打ったかに見えた。

 

それが、どうだ。

開幕すると、懸念点だった得点力の弱さが露呈し、勝ち切れない試合が続く。

1か月を過ぎて、借金6の5位という、不甲斐ないポジションに沈んでいる。

 

一週間前、4月20日、対DeNA戦。

エース・大野雄大投手が登板、8回3安打7奪三振、死四球0、無失点。

これ以上望みようがないピッチングをしながら、打線もまたDeNAの大貫晋一投手の前に1点も取れず、スコアレスドロー。

 

「エースがこれだけ頑張っているんだから、1点だけでも取ってくれ…」

竜党の誰もが、そう感じたはずだ。

 

沢村賞を獲得する無双の投球を続けた昨年、FAを獲得。

去就が注目されたが、早々に残留を表明。

「チーム編成もあるだろうから」と語る左腕に、竜党は涙した。

 

その昨年の大車輪の活躍の反動か、今年のキャンプでは調整が遅れたようで、栄誉ある開幕投手の座を福谷浩司投手に譲った。

そりゃあ去年、コロナで開幕も遅れた過密日程の中で、あんなに投げたんだから、あせらず、ゆっくり調整してもらえれば…

そんなファンの想いをよそに、開幕2カード目の巨人戦に登板。

 

徐々に調子を上げてきて、前述の4月20日である。

 

「味方が点を取るまでは我慢やと。点やったら負けやと思いながら投げていました。チームも僕もファンも我慢ですね、今は」

中日スポーツ・東京中日スポーツ 4月20日

 

試合後の大野投手のコメントは、打てないことを責めることもなく、ただ「我慢」を強調し、前を向いていた。

 

カードの頭を任され、他チームの主力と当たるのがエースの常とはいえ、もう少し援護があっても…

いや、打線よ、もう少し頑張ってくれ…

 

車内のラジオから流れる大野投手の奮闘を聞きながら、そんなことを思った一週間前だった。

 

 

今日も、また…嫌な予感がよぎる。

 

しかし、大野投手は一球、また一球と、その左腕を淡々と振るう。

 

うなりを上げるストレート。

小気味よく落ちるフォークボール。

そして伝家の宝刀、変幻自在のツーシーム。

 

時に主軸を打ち取り、表情を変えずに天井を見上げる。

時に三振を奪い、拍手をするようにグラブを叩く。

 

リーグトップの破壊力を誇る阪神打線に、3回以降は2塁すら踏ませない。

味方の援護を待ち、一球、一球、一つずつアウトを積み重ねていく。

 

その姿には、悲壮感はない。

ただ、一球、また一球と、その刹那に全力を尽くす。

 

まだ今シーズンの勝ち星はなく、肝心のチームは3連敗中。

喉から手が出るほど、勝利が欲しいだろう。

 

だが、一球、また一球と投げる大野投手からは、そうした結果への執着から遠い地点にいるように見えた。

それは、諦めとも違う。

投げやりとも違う。

ただ、自らの責務を、一心に全うする。

 

まさに、エースの矜持。

 

なんと、カッコいい男か。

 

 

果たして打線は、6回と7回に1点ずつを奪い、逆転に成功する。

 

迎えた8回、100球を超えて投げ続ける大野投手。

ここが剣が峰、胸突き八丁、勝負どころ。

 

2死を奪い、厄介な虎の切り込み隊長・近本光司選手を内野ゴロに打ち取った…かに見えたが、内野手がエラーをしてしまい、出塁を許す。

 

こういう時は、危険だ。

気持ちを一度切ってしまったら、戻らない。

 

しかし。

大野投手は淡々と、穏やかな表情で「落ち着いていこう」とジェスチャーを取った。

味方のミスで、安堵の道が剣が峰に化けたというのに、なんという精神力か。

 

試合の一番しんどいところであることは疑いようもないのだが、その姿は、どこか自信に満ちていた。

かといって、「お前ら、俺様についてこい」といった昭和のエース像でもなく。

 

一緒に行こうぜ。

そう、語っているように見えた。

 

果たして、次の打者を迎えた場面。

韋駄天・近本選手が盗塁を試みたが、これを木下拓哉捕手が見事に刺した。

 

味方のミスを、味方がカバーする。

長いリプレイ判定を終え、ベンチに戻る大野投手に、笑顔があった。

 

 

9回をライデル・マルティネス投手が抑えて、大野投手に待望の今シーズン初勝利がついた。

お立ち台には、木下捕手と大野投手が並んだ。

 

 

こんな日があるから、応援するのをやめられないんだ。

 

大野雄大投手、エースの矜持。

今シーズン初勝利、おめでとうございます。

 

f:id:kappou_oosaki:20210427214655j:plain