大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

トン、トン。

隣の娘が、暗闇の中でごそごそと寝返りを打っていた。

 

小さなころから寝つきが抜群によかった娘にしては、めずらしい。

 

「寝れないの?」

 

「うん」

 

日中、公園で友だちとたくさん遊んだ反動か、夕食後にうたた寝をしてしまったせいだろうか。

 

娘にしてはめずらしいが、そんな日もある。

 

デリケートで寝つきがよくなくて、よく夜泣きをしていた息子に比べて、娘の寝つきのよさには助けられてきたものだ。

 

「トントン、する?」

 

「うん、トントンして」

 

赤子のころ、よくトン、トンと肩を叩いて寝かしつけをした。

 

最近は勝手に一人で寝付くので、そんなこともしていなかったから、久しぶりだった。

 

布団の上から、トン、トンとゆっくりと肩を叩く。

 

いつか、私もそうされていたように。

 

トン、トン。

 

トン、トン。

 

深く、呼吸を重ねながら。

 

「おとう」

 

「なに?」

 

「なんで人間って、」

 

娘の口から発せられた、人間、という言葉にドキリとする。

 

その先の質問をあれこれ想像して、一瞬身構える。

 

「なんで人間て、トントンされると落ち着くの?」

 

難解なテーマではなかったようで、少しほっとする。

 

「なんでだろうなぁ」

 

言いながら、なぜだろうと考える。

 

トン、トン。

 

「心臓の音に近いからかな。生まれる前のことを、思い出すから、落ち着くのかなぁ」

 

そう言う間に、娘はもう寝息をたてていた。

 

返事は、ない。

 

トン、トン。

 

トン、トン。

 

もう少し、このまま。

 

トントンと叩いていようと思った。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________