大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

誰の上にも訪れる、やさしい日。

クリスマス・イヴである。

 

時間がどんな人間にも平等であるのと同じように、クリスマスは誰にでも訪れる。

 

それは、どこか救いのように思える。

 

どんな、クリスマスも。

最高のクリスマスも、最低のクリスマスも。

 

 

どんな一日であれ、24時間が経てば同じように過ぎ去っていく。

どんな人の前だろうと。

 

それは、偉大なる癒しのようにも思える。

 

最高の癒しが、忘却であるとするなら。

どんな瞬間も過ぎ去っていくことは、途方もない恩恵を与えてくれる。

 

 

サンタさんは、いまごろ夜空を駆け巡っているだろうか。

 

サンタさんは、いつも誰かのために走る。

サンタさんは、いつも頑張っている。

サンタさんは、いつもプレゼントを用意している。

サンタさんは、みんなの笑顔のために必死になっている。

サンタさんは、いつもトナカイを気遣っている。

サンタさんは、誰かの願いを叶えようとする。

サンタさんは、いつも笑っている。

 

サンタさんは…

もしかしたら、あなた自身なのかもしれないね。

 

きょうも、よくがんばりました。

 

メリー・クリスマス。

 

 

f:id:kappou_oosaki:20201224222330j:plain

メリー・クリスマス。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________