大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

雪下出麦、寒さ厳しければこそ。

ここ数年、暖冬が続いていたが、この冬は少し様相が違うようだ。

 

年末寒波がやってきて、久々に「痛い」寒さを味わっている。

しばらく使っていなかった手袋も、衣装ケースから引っ張り出してきた。

 

来週末には、再び寒波がやってくるようで、予想最低気温はマイナス5度という、あまり見慣れない数字が出ていた。

 

寒いのは苦手なのだが、さりとて、朝の玄関のドアを開けた瞬間の「きゅっ」と身が引き締まる凛とした感じは、冬ならではのものだ。

 

季節がめぐるというのは、いろんな感情を私たちに味わうことを与えてくれる。

 

 

冬至も、すでに末候。

七十二候では、「雪下出麦、ゆきくだりてむぎのびる」の時候だ。

 

麦というのは面白いもので、気温が下がっていく秋に種まきをする。

冬を経て成長し、収穫の時期は初夏のころ。

麦秋」は梅雨の前の乾燥した時期の季語なのだから、面白い。

 

雪が降り積もっても、その下で背を伸ばす麦。

どんな季節にも、命の芽吹きはあり、その反対に枯れゆくものもある。

 

f:id:kappou_oosaki:20210103060145j:plain

 

いつもの川沿いに、白い蕾が。

木蓮の花だろうか。

 

この厳しい寒さの中でも、春に向かって歩みをやめないものもある。

いや、冬だからこそ。

膨らむ蕾も、伸びる芽もあるのかもしれない。

 

耐雪梅花麗(雪に耐えて梅花麗し)。

かの西郷隆盛が甥に向けて贈った漢詩の中の一文を、思い出す。

引退した広島東洋カープ黒田博樹さんが、座右の銘にしていたことで私も知った言葉だ。

 

降り積もった雪に耐えてこそ、麗しい梅の花は咲く。

寒さ厳しい冬なれど、その寒さを愛で、季節の移り変わりを見つめていきたいと思う。

 

細部を見つめることは、大いなる癒しを与えてくれるのだから。

 

季節のめぐりは、いつも私にたいせつなことを教えてくれる。

 

f:id:kappou_oosaki:20210103060202j:plain

冬らしい空。年が明けると、それも「新春」という感じがするもの、不思議だ。

見たいように、世界を見ている。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________