大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

続けていることの恩恵は違和感に気づけること、そしてそれをどうにかしようとしなくなること。

何かを続けていると、わかることがある。

 

わからないことも、もちろんあるけれど。

それでも、続けているとわかることもある。

 

多くの場合、それは「違和感」としてやってくる。

 

続けることは、内省の一部なのではないかと感じる。

 

 

違和感に気づいたからといって、それをどうにかしようとしなくていい。

 

ただ、いまあるものを認めること。

それは、自己受容の大きな大きな一歩目である。

 

それを、どうこうしようとしなくてもいい。

 

海に波があるように、

言葉にリズムがあるように、

空に天気があるように、

こころに感情があるように、

月が満ち欠けするように、

そこに在るものは、ただそのままにしておけばいいのだ。

 

ただ、見ているよ、と認識すれば、大きな川のごとく流れていくものだ。

 

 

このあたり、人生で起こる様々な問題と似ている。

 

何か問題が起こったとき、人は原因を探す。

 

それらしい原因が見つかると、人はそれを直そうとする。

自分の中に見つかったとしても、自分の外側の世界に見つかったとしても。

 

それが悪い、だから直さないといけない、と。

 

往々にしてそれは直らず、問題を複雑化する。

 

ほんとうの解決とは、気付いたら忘れることだ。

 

そのままにしておくこと。

 

問題の解決とは、忘却であると言われるように。

 

見つけたら、そのままにしておくのだ。

 

 

たとえば、ストレッチを続ける。

 

毎日同じということはなく、昨日の身体の感じと、今日の身体の感じは異なる。

 

それは、違和感として認知される。

昨日は左の肩が柔らかかった気がしたけど、今日は右の腰がいつもより固い気がする…などなど。

 

だからどう、というわけでもない。

 

ただ、「そうなんだ」と気付くだけで、いいのだろう。

 

今日のわたしの身体は、そうだったのだ。

 

それを、そのままにしておこう。

 

 

たとえば、毎日文章を書く。

 

書くことは自らの内面を映し出す。

 

水面が日々移ろいゆくように、こころもまた日々揺れ、移ろいゆく。

 

どんな内面を映し出しても、だからどうこうというわけでもない。

 

ただ、そのままにしておこう。 

 

 

たとえば、走ることを続ける。

 

昨日の身体は重かったけれど、今日は軽いな、なんてことがある。

 

違和感を、感じる。

 

ただ、感じるだけでいいのだ。

 

ただ在るものを、そのままにしておけば、いい。

 

夜、走っていると、はっとした。

 

視界の先にあった桜の木の枝が、街灯に照らされて、ピンクの花が満開になっていたように見えた。

 

見上げると、寒空の下には、昨日見た通りの枯れ木が、そこにあった。

 

f:id:kappou_oosaki:20210107152711j:plain

 

だからどう、というわけでもない。

  

桜は、そこに満開だったのかもしれない。

 

ただ、そのままにしておこう。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________