大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

流れていく風景を、眺めるように。

時に小寒

 

もうすぐ大寒を迎える、一年で最も寒いころ。

そんな中でも、春に向けて季節はめぐるようで。

 

七十二侯は、「雉始雊、きじはじめてなく」。

オスの雉が求愛のために、鳴き始めるころ。

 

時の流れ、季節のめぐり。

決して止まらず流れてゆくそれは、ときに残酷で、ときに癒しでもあり。

 

それは、ときにうれしく、ときにかなしく。

 

こころもようも同じように、流れていく。 

 

ただ、

吹く風の凛とした冷たさであったり、

朝の冷たい地面であったり、

透明度の高い空であったり、

穏やかな陽の光であったり、

そんなことの一つ一つが、宝石箱のように。

 

流れていく風景を、眺めるように。

 

この寒さもまた、愛でていよう。

 

f:id:kappou_oosaki:20210115171853j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________