大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

行けるかどうか分からなくても、チケットは取るんだよ。

「行けるかどうか分からなくても、チケットは取るんだよ」

 

よく母は、チェロを弾いていた私に、そう言ってくれた。

 

「たとえ行けなかったとしても、『行ける権利を買った』と思えばいいから。だから、行きたいコンサートやらがあったら、チケットは取るんだよ」

 

そう、続けていた。

 

クラシック音楽が好きだった母は、よく東京で行われるコンサートの豊富さを、うらやましいと言っていた。

文化や新しいこと、おもしろい人は、全部東京に集まる、と。

 

高度経済成長期、そして東京一極集中が進んだ、あの時代に生きた母親の世代にとって、東京への憧れとは、私とはまた違ったものがあったのだろう。

 

それは、また私と、インターネット・スマホネイティブである息子たちのような世代とも、また違うのだろう。

 

 

それはともかくとして。

冒頭の母の言葉も、ある意味で豊かな時代の産物だという見方もできる。

 

なかなかに、世情が不安定になったり、先行きが見えなくなると、不確かなものに投資をするハードルは上がるものだ。

右肩上がりに経済成長を続けることが、前提になっている時代とは、やはり考え方も違ってくる。

 

それでも。

いや、それだからこそ、母の言は、重い意味を持つのかもしれない。

 

行けるから、買う。

ではなく、

買ったから、行く。

 

買った以上、行かなければ無駄になってしまう。

損をしたくない心理が強ければ強いほど、確実に行けるチケットでないと、取ろうとはしなくなる。

 

チケットを取る、何かの予約をする、ということに、心理的なハードルが上がってしまうのだ。

結果、腰が重くなる。

 

そうではなくて、行けるかどうかを決める前に、チケットを買ってしまう。

 

『行ける権利を買った』と思って。

 

そうすると、人は不思議と、行けるようにすべてを準備するものだ。

 

チケットを取る前にはネガティブに働いていた、損をしたくない心理が、今度は逆のベクトルを向き始める。

せっかく取ったチケット、損をしないために、何とか都合をつけて行けるようにすべてを段取りする。

 

チケットに限らず、なんにしても同じかもしれない。

 

予定が確定できるから。

結果が分かっているから。

効用がいいと聞いたから。

 

そういう、後付けの因果関係をいったん外して、

 

とりあえず、予約してみる。

とりあえず、始めてみる。

とりあえず、やってみる。

 

そんなふうに動いてみよう。

 

何かのチケットを取るとき、母のそんな言葉を思い出す。

 

不確かだからこそ。

考えてみれば、未来において確かなものなど、何もないではないか。

 

行けるかどうかわからなくても、チケットは取るんだよ。

 

生前の、そんな母の言葉を思い出しながら。

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________