大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

黄色、早春の色。

変化を見つめるというのは、ある種の愉悦である。

 

何かを育てることもそうだし、

目に見えない関係性の変化もそうだし、

あるいは、季節の移ろいを見つめることもそうだろう。

 

何気なく、外を歩いたとき。

目に入ってくる色、というものがある。

 

それは、自らの内の心もように依るのではあるが、やはり季節によって移ろいゆく色があるように思う。

 

早春の色は、やはり黄色のように感じる。

 

菜の花、水仙、チューリップ、タンポポ

春に咲く花に、黄色が多いからだろうか。

 

今日も、ふと外を歩いていると、黄色が目に留まる。

 

立春から雨水に向かう時候、七十二候では、魚上氷/うおこおりをいずる。

冷たく張っていた川面の氷が割れ、その下で泳いでいた魚が跳ねあがるころ。

 

ほんのわずかに感じられた春の息吹は、確かな実感となって、目に見える変化をもたらすように。

 

春は、黄色からはじまる。

 

有名な、そんな言葉を思い出す。

 

落ち葉、枯れ葉の茶色、椿の白、あるいは赤。

どこか、モノトーンか、ビビッドという両極端なのが冬らしい色に感じるが、春はそれをぼんやりと和らげていくようだ。

 

冷たく肌を刺すような風も、いつしか輪郭のぼやけた温い感じがするように。

 

変化を愛でるのは、生きていることの喜びともいえる。

 

春は、もうすぐそこまで。

 

f:id:kappou_oosaki:20210214082045j:plain

 

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________