大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

桃始笑。

時に啓蟄、あるいは桃始笑・ももはじめてわらう。

 

桃の花が咲くころ。

花が咲くことを笑うと表現する、ことばの美しさ。

 

梅が咲き、桃が笑い、桜も蕾が膨らみ。

いつしか、空の色も変わり。

 

春は、過ぎてゆく。

 

桃の花は咲き、誇り、いつしか枯れて、その花弁を散らす。

そしてまた、一年後に「始めて」笑う。

 

何度も繰り返しても、いつもそれは「始めて」だ。

 

ロックバンドは次々と現れ、次々と去るだろう。

でも、ロックンロールは永遠に不滅だよ。

 

UKの誇るロックスター、キンクスのレイ・デイヴィスは、かつてそう語った。

 

桃の花、あるいは自我は、現れては、消えていく。

個体としての何かは、特に意味があるものでは、ないのかもしれない。

 

それでも、毎年、桃の花は笑う。

毎年、「始めて」笑うのだ。

 

風と、光と。

訪れた、春とともに。

 

桃始笑、ももはじめてわらう。

 

f:id:kappou_oosaki:20210312201830j:plain

桃ではないようだが、春の色。

________________________

〇お問い合わせ先

執筆についてのご依頼・お問い合わせはこちらから。

Instagramnaoto_oosaki/Facebok:naoto.oosaki.5

Twitter@naoto_oosaki/LetterPot:users/13409 

________________________

〇大嵜直人の作品一覧はこちら

【大嵜直人の執筆記録】

________________________