大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

2021-03-12から1日間の記事一覧

桃始笑。

時に啓蟄、あるいは桃始笑・ももはじめてわらう。 桃の花が咲くころ。 花が咲くことを笑うと表現する、ことばの美しさ。 梅が咲き、桃が笑い、桜も蕾が膨らみ。 いつしか、空の色も変わり。 春は、過ぎてゆく。 桃の花は咲き、誇り、いつしか枯れて、その花…