大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

されど、清明。

週末の雨と風は、花散らしの雨だった。

淡いピンクよりも、新芽の緑色の方が多くなった桜の木を見て、そう思う。

 

それでも、こうした低気圧が通り過ぎると、空気の肌触りが変わるようだ。

 

どこかぼんやりと、輪郭の不明瞭だった空の色は、美しく澄んだ色をしていた。

 

時に、清明。

天地万物が清らかで、生き生きとして明るく輝く時候。

 

花は笑い、蝶が語り、鳥が歌い。

世界を祝福するかのような、澄んだ空が広がる。

 

いつも、彼らは語りかける。

 

何かをするよりも、ただそこに在ることが、深い癒しになる、と。

 

 

一年前の、清明。

 

その清らかな世界とはうらはらに、重苦しい空気が包んでいた。

 

先の見えない疫病禍に、刻々と変化していく世情に、ささくれ立つひとのこころの機微に、疲れていた。

 

移動は制限され。

外出は自粛を求められ。

人と会うことは難しくなった。

にっこりと口角を上げて微笑む、誰かの表情を見ることもできなくなった。

 

当たり前だと思われていたことは、タブーになった。

 

それでも、葉桜は咲いていた。

 

そこにあるはずのものが、なくなった清明。

 

それでも、葉桜はまだ咲いていた。

 

いつもと変わらず、ただ、そこに在った。

 

せめて、2020年の晴明を、忘れないでいようと思った。

 

そんなことを、覚えている。

 

 

それでも、時は流れ、清明は過ぎ去り、また清明がやってきた。

 

忘れないでいようと思った2020年の清明を、覚えている。

 

今年もまた、桜は散り際のようだ。

 

毎年、開花が早くなるようで、せめて入学式までは咲いていてあげてほしいな、と思ってしまう。

 

桜でなくても、新しい生活を始める人に微笑みかける花は、たくさんあるとは思うのだが。

 

それでも、もうしばらく、咲いていてほしいな、と思う。

 

今年もまた、清明が訪れる。

 

そして、過ぎ去っていくのだろう。

 

されど、清明。

 

f:id:kappou_oosaki:20210405192749j:plain