大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

走り、旬、名残。いつか、また。

食べものの世界では、四季折々に触れた食材を大切にする。

いまの時分だと、山菜、たけのこ、新ごぼう、ホタルイカ、などだろうか。

 

四季のめぐりとともに出回る食材に想いを寄せ、ときに口にするもので四季の訪れを感じる。

スーパーに並ぶ野菜の変化を見ているだけでも、楽しいものだ。

 

和食においては、そんな季節の移ろいを楽しむ表現に、「走り・旬・名残」という言葉がある。

 

「走り」は、その年の初物、出始めのころの食材を指し、季節の先取り、貴重さを楽しむ。

「旬」は、その食材が食べごろを迎える最盛期、多く出回るため気軽に楽しめる。

「名残」は、旬が過ぎてもうそろそろ終わりに差しかかる時期のもの。去りゆく季節を想いながら、また来年の出会いに想いを馳せる。

 

粋を好む江戸っ子は、走りを大切にしたと聞くが、それぞれにそれぞれの楽しみがある。

 

初夏の鱧の風味の豊かさは素晴らしいものだが、脂が乗った秋の落ち鱧もまた、格別なものだ。

 

走り、旬、名残。

どれが一番いいということもなく。

 

四季の移ろいを愛でることは、「いま」を生きることに近いように感じる。

 

 

食材もそうだが、季節に咲く草花もまた、同じかもしれない。

 

近所の桜は旬を過ぎ、新芽の緑色の中に、わずかに淡いピンク色が残っている。

名残、という時期なのかもしれない。

 

開花しはじめの「走り」、満開の「旬」もいいのだが、葉桜の「名残」もいいものだ。

過ぎゆく春に想いを馳せ、少しの寂しさを味わうことは、来年のこの時期に逢いたいという希望を抱くことと同じようだ。

 

いつか、また。

 

風に舞う花びらに、別れ、儚さ、無常観と、今年も会えたよろこびとが交錯する。

 

花は咲き、散り、また芽を出す。

 

走り、旬、名残。

 

季節は過ぎゆき、また、戻ってくる。

 

 

季節に咲く草花もそうだが、人と人の出会いもまた、同じかもしれない。

 

友人との関係も然り、恋愛関係も然り、親子関係も、さまざまな人との関係が、季節のめぐりと同じように過ぎ去っては、戻ってくる。

 

出会いという「走り」があり、そして交誼を重ねるという「旬」があり、そして離れる、別れるという「名残」があり。

 

同じ時代を生きる中で、交わりかたの濃淡が変わることもあれば、今生の別離になることもあろう。

 

走り、旬、名残。

食べものも、桜も。

どれが一番、ということもない。

 

もし、そうであるなら、「名残」もまた、味わい深いものかもしれない。

 

離れること、疎遠になること、あるいは別れることは、必ずしも悪いことばかりでもない。

 

それは、風に舞う桜吹雪のように。

 

さびしさとかなしさ、いとしさとともに、名残を愛でよう。

 

いつか、また。

また、いつか、会えるから。

 

f:id:kappou_oosaki:20210406193247j:plain

散りゆく花びらが、名残惜しく。