大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

藤棚を見上げて、過ぎた時を想う。

時に、清明も末侯。

鴻雁北、こうがんかえる。

 

春になると見かけるツバメと入れ替わりに、渡り鳥の雁が北国に帰っていく時候。

冬から春へと、いろんなものが入れ替わっていく時期なのだろう。

 

外を歩くと見かける花の色も、ずいぶんと変わってきたように思う。

 

春の初めの頃は、白や黄色の花が目についたが、その後は桜が咲き誇り、そしていまは紫や青の色が増えてきた。

この紫や青の系統の色を見ると、皐月を想う。

アヤメやアジサイを思い出すからだろうか。

 

そんなことを考えていると、近所の公園のベンチの上には、藤が咲いていた。

青空と、新緑の色と、そして藤色と。

 

ぼんやりと、そのコントラストを眺めていたくなる。

 

不意に、ブーンと大きな羽音が聞こえる。

黒と黄色の丸いフォルム、クマバチだった。

 

藤の花に誘われたのだろうか、この季節によく見る気がする。

 

大きな身体と羽音は少し怖いものだが、クマバチは温厚な性格と聞く。

 

ぶんぶんと飛ぶクマバチを眺めながら、故郷の藤棚を思い出す。

 

 

故郷の菩提寺の、ほどちかくの公園には、大きな藤棚があった。

 

毎年4月の末の時期になると、大型連休にあわせて「藤まつり」が開かれる。

屋台や出店が出て、多くの人でにぎわう。

 

藤棚の下で、レジャーシートを敷いて、お弁当を食べる人がいたり。

昔は、バーベキューなどもしていたように思う。

 

父が、会社の人を呼んで、宴会を開いていたような記憶がある。

 

お酒と料理を前に、皆が笑っていた。

幼い私は、父の会社の人にキャッチボールをして遊んでもらっていた。

 

家族色の強い、昔の会社の行事のようなものだったのかもしれない。

いまは、そんなこともしないのだろうか。

 

あの藤棚の下、たくさんの人が集まって、よく笑っていた。

 

多くの人と話す父は、どこかいつもの父と違っていた。

休日ではあっても、家では見せない、会社の中での仕事をする父の顔だった。

 

お酒も入っていたせいも、あるのだろうか。

よく、笑っていたように思う。

 

 

すべてが、そこにあったようにも思えた。

 

 

ふと、見上げる藤の色に、そんな時間を想う。

ぶぶん、とクマバチは相変わらずホバリングしている。

 

春の陽射しが、少し眩しかった。

 

その思い出が、虹色に光るまで。

もう少し、磨いていようと思った。

 

f:id:kappou_oosaki:20210414205152j:plain