大嵜 直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー見習い。

ストレッチ日記 ~身体の左右差と問題の類似

引き続き、ストレッチを続けている。

先週は何かとばたばたして、少しサボり気味だったが、また今週に入って少しずつ。

 

やはり、終わった後の達成感と爽快感、深く呼吸ができる感じ、そして身体の軽さというのは、気持ちがいい。

身体と会話しながら、ゆっくりと呼吸をする時間というのは、自分と向き合う時間といえるのかもしれない。

 

ある知人は、「ストレッチはかったるいから、目に見える結果の出る筋トレの方がいい」と言っていたが、やはり人それぞれなのだろう。

私の場合は、筋トレの方が続かないようだ。

 

 

さて、そんなストレッチだが、毎回同じメニューを続けていると、身体が左右差に気づくことがある。

同じ動きを左と右で交互にしても、左の方が固かったり、あるいは右の方が違和感があったりと、左右で非対称であることに気づく。

 

身体の歪み、とでもいうべきなのだろうか。

そう思うと、何とかその歪みを矯正しようと、その固い方の順番のときに力が入りすぎてしまうこともある。

 

そのような時というのは、不思議と心地よさが感じられない。

自然な身体になろう、歪みを矯正しようと思って、逆に身体に力が入って、不自然になっていることに気づいたりする。

 

面白いものだ。

人間の身体は、見た目は左右対称かもしれないが、その実、まったく非対称であるはずなのに。

顔を見てみれば、目の形、眉毛の形、耳の形…左右非対称であることは、よくわかる。

まして、身体のなかの臓器にしたって、非対称だ。

 

非対称が、不自然であるわけでもない。

その逆で、歪み、ずれ、差異というのは、わたしをわたしたらしめているものだ。

 

不完全さとは、パーソナリティなのだ。

 

それなのに、気づくと無意識のうちに、左右対称に矯正しようとしてしまう。

完璧主義とでもいうべきか、それとも、理想主義というべきか。

 

 

身体における、左右差、非対称。

それは、ある意味で人生における「問題」と似ている。

 

ときに人は、思いもよらぬ問題に出くわし、自分を見失う。

 

あるときは、大切な人に裏切られ。

ある人は、ずっと尽くしてきた仕事を失い。

あるときは、お金の問題を抱え。

ある人は、だらしない性格で周りから嫌われ。

 

人が生きる中で抱える、さまざまな問題。

 

それにぶつかったとき、人は怒り、嘆き、悲しみ、憤り、無気力になり、あるいは誰かのせいにしようとする。

一通りのその過程を通ると、やがて人はその問題の原因を自分に求めるようになる。

 

自分が至らなかったから、この問題を引き起こしたのだ、と。

他責にせず、自分には何ができるのかを考える、とても誠実で、成熟した世界へのアプローチだ。

 

そして、その至らなかった自分を変えようとする。

自分が至らなかったから、この問題が起きたのだから、自分の〇〇を直せば、問題は解消されるはず、と。

 

ところが、多くの場合、そのアプローチはうまくいかない。

 

自分を矯正することに、多大な自己否定の暗示をかけているからだ。

そうした否定のエネルギーは長続きしないし、仮に幸いにして、その問題が自分の望む形で解決したとしても、また次の問題がモグラ叩き式に出てくるだけだ。

 

ほんとうのところは、おそらく。

 

問題とは、気づいたらそこで終わりなのだ。

 

その問題を引き起こした自分が、何か悪いわけではない。

もともと、そういう人だったのだ。

 

問題を引き起こす原因と、まったく同じ原因で、人は才能を開花させる。

それは、誰かから嫌われる理由と、まったく同じ理由で、誰かから愛されることと似ている。

 

問題とは。

自分がそういう人間だった、と気づかせてくれるもの。

 

 

そして、気づいたら、そこで終わりなのだ。

 

あ、そうか、わたしはそういう人だったんだ、と。

 

なんだ、裏切らせてあげられるほど、わたしは懐の深い人なのだ。

なんだ、わたしはもっと自由に生きていい人なんだ。

なんだ、わたしはお金のありがたさを分かる人なんだ。

なんだ、私がおおらかなことで、誰かを救ってるんだ。

 

それは、ストレッチの左右差と同じように。

 

あ、そうか、左の方が、固いんだ、と。

 

ただ、気づくだけ。

それをコントロールしようとしないこと。

ただ、気づくだけでいいんだ。

 

ストレッチは、いろんなことを教えてくれる。