大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

不思議なお花の正体と、花言葉。

先日、不思議なお花の記事を書いた。

 

不思議なお花。 - 大嵜 直人のブログ

 

ベランダに放置していた鉢から、ひとりでに芽が出てきて、水をあげていたら紫色の花が咲いたのだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20210429141606j:plain

 

3年前、娘が保育園の卒業時にいただいた記念品の鉢。

そのときに育てたお花は、とうに終わっていたのだが、その鉢からひとりでに芽が出てきたので、何のお花が咲くのだろうと、水をあげたりして楽しんでいた。

 

咲いたのは、紫の小さなお花。

ふたつ、みっつと開花して、日々を彩ってくれていた。

 

種を植えたわけでもないのに、不思議なこともあるものだと思っていたら、先日近くの川沿いをランニングしていると、同じ色に目が留まった。

 

f:id:kappou_oosaki:20210515103527j:plain

 

おぉ、もしや、これは…と思い、近くでまじまじとその紫のお花を見つめる。

いくつも、固まって咲いていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210515103518j:plain

 

花の色、形、そして茎や葉の形といい、間違いない。

あのベランダの鉢で咲いていた、不思議なお花と同じだ。

 

家の近くで咲いていたことで、不思議なお花の謎が、少し解けたような気がした。

 

おそらくだが、近所で咲いていたお花の種子を鳥か虫かが運んできたのだろう。

そういえば、たまにベランダに鳥が来たりもする。

そんな鳥か何かが、運んできたのかもしれない。

 

そう思うと、なんだかマジックの種明かしをされたようで、少し残念なような気もしたが、それでもあのお花が楽しませてくれたことには変わりがない。

 

調べてみると、おそらくだが、そのお花は「シラン(紫蘭)」だと思われる。

 

日本中に自生する多年草で、5月~6月に赤紫やピンク、白色の花を咲かせる。

その咲き方が蘭に似ていて、美しい赤紫色が特徴的なことから、その名がついたそうだ。

 

花言葉は、「あなたを忘れない」「変わらぬ愛」。

不思議なお花は、その言葉を届けてくれたようにも思えた。

 

「あなたを忘れない」。

それは、私自身が忘れなでいることかもしれないし、私のことを誰かが忘れずに思ってくれていることかもしれない。

それは、しばらく会っていない人かもしれないし、もう会えない人かもしれない。

 

それは、わからないけれど。

そう思うだけで、なんだかありがたい話のようにも思えた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210515103458j:plain

 

そんなことを思いながら、いつものランニングのコースの神社で、深々と頭を下げてきた。

 

境内では、まだツツジが咲いていた。

少し、湿った風が吹いている。

もう梅雨が、近いのかもしれない。

 

その少しだけ湿り気を帯びた5月の風を、胸いっぱいに吸い込んだ。

 

あなたを、忘れない。

 

そうつぶやいて、また走り出した。