大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

不思議なお花。

気づくと、緑の小さな芽が出ていた。

ベランダに置いたままだった、白い鉢植え。

 

その鉢植えは、娘が保育園を卒園した際に記念にいただいたものだ。

いっしょにいただいた何かの花の種を植えて、それは無事に花を咲かせた。

もう、2年も前の話である。

 

その花が枯れた後、捨てるにもしのびないので、そのまま鉢植えをベランダに置いたままにしていた。

不思議なことに、その鉢植えから、緑の芽が出てきた。

花が枯れてから、何も触っていないのに、どこからやってきたのだろう。

 

その芽は、以前に咲いた花とも、また違った形をしていたようだった。

 

せっかくやってきた来訪者なのだから、枯らさないように水をあげていた。

その芽が、何の植物かも分からない。

どんな姿に成長するかも、分からない。

 

「これは、何のお花なんだろうね」

 

不思議なその芽を面白がる娘は、その芽が花であることを疑っていないようだった。

私もそれに従い、その「花」の成長を見守ることにしていた。

 

 

芽は、すくすくと大きくなっていった。

日ごと大きくなる植物の成長は、見ているだけでも驚くべきものだ。

 

2週間くらい経っただろうか。

その芽の先に、紫色の蕾がついた。

やはり、花だったのだ。

その蕾を見て、娘はいたくご満悦だった。

 

そして、今朝それが咲いていた。

 

f:id:kappou_oosaki:20210429141606j:plain

 

紫の、小さな花。

奥に、もう一つの蕾も見える。

 

それにしても、不思議だ。

放置していた鉢植えから、なぜ芽が出るのだろう。

もともと種が埋まっていたのであれば、なぜ去年出てこなかったのだろう。

 

もしかしたら、日中家にいないうちに、スズメやら何かが、種を運んできたのだろうか。

いや、鳥がそんなことをするのだろうか。

考えるだに、不思議なものだ。

 

f:id:kappou_oosaki:20210429141557j:plain

 

「なんのお花かなぁ」

娘に聞かれて、いろいろと検索してみたが、これというものが見当たらなかった。

不思議なお花、ということにしておこう。

 

不思議は不思議なのだが、こんなこともあるものだ。

 

それは植物の花に限らず、人が生きる中で咲かせる花も、同じかもしれない。

 

 

土を耕し、種を植え、水をやり、日を浴びて。

そうでないと、花は咲かないと思いがちだけれど。

 

そうでもないこともある。

なんだかよく分からないけれど、花が咲くこともあるのだ。

 

あるいはその逆に、どれだけ手を尽くしても、枯れてしまうこともあるだろう。

理不尽に失敗することを受け入れることと、よくわからないけれど成功してしまうことは、鏡合わせのようにも感じる。

 

自分では何にもやっていないように思っていても、その実、たくさんの種を植えていたりして、気づくとそれが収穫期を迎えているようなこともあろう。

あるいは、その逆も然りかもしれない。

 

一生懸命に、土をつくり、種を植え、水をやること。

それも、とても大切なことだ。

けれどそれと同じくらい、いま見えている世界を慈しむことも、大切なのかもしれない。

それは不思議を、偶然を、幸運を、不運を、理不尽を、流れゆくものをすべて受け入れるということだ。

 

不思議な花。

理由なく咲いた花は、いろんなことを教えてくれるようだ。