大嵜直人のブログ

文筆家・心理カウンセラー。それでも、愛することを諦めきれないあなたへ。

師走の熱田さんは、光の円環のなかに。

師走のはじめ、熱田神宮を訪れました。

前日の夜から降っていた雨は、まだ少しぱらついていましたが、神宮の駐車場に着くころには上がっていました。

先月は、橙色のキンモクセイの香りが出迎えてくださいました。
今月は、鮮やかなイチョウの黄色が、目に留まりました。

f:id:kappou_oosaki:20211203065327j:plain

社の屋根にも、降り積もる黄金の。

金色の ちひさき鳥の かたちして
銀杏ちるなり 夕日の岡に

与謝野晶子の、そんな詩が思い浮かびます。

紅葉も、もう終わりごろでしょうか。

f:id:kappou_oosaki:20211203065333j:plain

今月も、ここに来ることができました。

神鳥さんが、鳥居まで出迎えてくださいました。

コッコッコッコ…と、今日も元気に境内を闊歩しておられました。

今日も、おじゃまいたします。

主のようなその鳥さんに、声をかけて鳥居をくぐります。

f:id:kappou_oosaki:20211203065421j:plain

ついたちだったせいか、いつもよりも参拝客が多かったように感じました。

もうすぐ、あっという間に年末。

年が明けて初詣、初えびすも、もうすぐでしょうか。

f:id:kappou_oosaki:20211203065428j:plain

凛とした冷たい空気のなか、少し先ほどまでの雨の湿気が残る境内。

冬のやわらかな朝日が、木々の間からのぞいていました。

この太陽の光を見るのが、好きなのです。

f:id:kappou_oosaki:20211203065435j:plain

参道を歩いていると、その角度によって光の具合や色合いが変わっていきます。

千変万化する、その木漏れ日を浴びながら歩くのが、心地よく。

f:id:kappou_oosaki:20211203065320j:plain

木々の向こうに見える陽の光は、円環を描いていました。

日輪、という言葉が思い浮かびます。

その日を浴びながら、おおきく息を吸って、そして吐いて。

師走の日、心地よい熱田さんの時間でした。