大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

ただ見上げているだけで、という感覚。

早いものでもう7月も過ぎて、8月に入りました。

 

8月の異名といえば「葉月」ですが、一節によると「葉落ち月」という秋を迎えた風景から来ているとも聞きます。

他にも諸説あるようですが、それでも8月は夏真っ盛りのように見えて、その実、秋の気配を感じる時期でもあります。

 

時に大暑も末侯、「大雨時行、たいうときどきふる」。

暑い陽射しが続く中にも、雷の鳴る夕立など、大雨の降ることが増えてくる時候でもあります。

そういえば、一昨日の夕方に分厚い雲が広がり、ゴロゴロと雷の音が鳴っておりました。

 

それほど激しい雨は降らなかったのですが、それでも一雨が過ぎた後の夜の風は、わずかに心地よさを含んで、季節の移り変わりを感じさせてくれます。

もう今週末には立秋、秋立てる日がきます。

 

月日の流れ、季節のめぐりは、ほんとうにいつも変わらず、そこに在るようです。

 

 

そんな、猛暑が続く中にも、微かな秋の気配を感じる月ではありますが。

それでも、この時期の空は、格別に気持ちがいいものです。

 

この時期にしか見られない、深みと透明感が共存した青い色。

どこまでも力強い、入道雲の形。

生命力の根源を感じさせるような、炎陽。

 

時に蝉の声が聴きながら。

その空を、ただ眺める時間。

 

もちろん、この時期ですから、じりじりと汗は吹き出てきますし、日に灼けてしまうこともあります。

 

ただ、それは一年のなかで、この時期にしかできない愉しみです。

 

ただ、見上げているだけで。

いま、この時間が、とても豊かで、満たされて、いとおしく想える。

そんな、感覚。

 

それは、幸せの形に、少し似ています。

 

ただ、そこにいるだけで。

ただ、想うだけで。

ただ、見ているだけで。

 

それは、もっとも単純で、もっとも根源的な、幸せの形なのかもしません。

 

f:id:kappou_oosaki:20210802211917j:plain