大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

足止めの日。

梅雨時の空模様を心配していたが、気持ちよく晴れていた。

 

月一の仕事、いつもの仕事、少しの遠出。

いつものように、道草をしようと早めに出る。

 

ナビのない車。

念のため、と表示させていたスマホの地図アプリが、いつもと違う高速の出口を指示する。

二つ前のその出口、降りた先は下道の幹線道路。

表示された到着予想時刻も、肌感覚よりもずいぶんと遅い。

さすがにそれはなかろうと、その出口をそのまま通り過ぎ、いつもの終点まで車を走らせる。

 

しかし、思わぬ地点で、車の列。

点灯する、最後尾のトラックのハザード。

まだ出口まではずいぶんとあるのだが、ぴたりと動かなくなった。

 

あぁ、そういうことか。

スマホの画面に表示された道路が真っ赤に塗られているのを見て、「この先渋滞しているから降りろ」と言われていたと気づく。

あとの、祭りだ。

 

それにしても、月末でもないのに、なぜ今日はこんなにも渋滞しているのだろう。

名神高速のリフレッシュ工事をやっていると聞くがその影響か、それとも。

考えても分からないので、考えるのをやめた。

 

トロトロと動いては止まり、またソロソロと動き。

これは、時間がかかりそうだ。

さて、どうしたものか。

 

あまり操作をしない、オーディオのスイッチを入れる。

どこかの局のラジオのパーソナリティの声が、聞こえてくる。

その話の中で、どうやら今日は縁起のいい日だそうだ。

そんな日に渋滞とは、ツイていない。

 

いや、それもまた一つの見方に過ぎないのだろう。

今日、行けなかったことに、意味があるのだ。きっと。

 

ふと、Enyaの音楽が聴きたくなった。

そういえば、スマホに入っていたけれど、そのスマホはいまナビ代わりになっている。

渋滞中でナビもないかと思ったが、それでもそのままにしておいた。

 

想像の中で、その曲を流す。

 

過ぎゆく一日に、身を任せましょう。

過ぎゆく雨に、身を任せましょう。

 

そんな歌詞の、美しい音楽を思い出す。

 

出口まで600mの緑看板が見えてきた。

サラブレッドなら、30数秒で走り抜けてしまうその距離に、あとどれくらいかかるのだろう。

 

そんなことを考える私を乗せて、車はトロトロと進んでいく。

 

過ぎゆく一日に、身を任せよう。

過ぎゆく雨に、身を任せよう。

 

f:id:kappou_oosaki:20210615233325j:plain