大嵜直人のブログ

たいせつな何かをなくした心に、ともしびを。

ストレッチ日記 〜受動的に与える、ということ。

さて、なんだかんだと続けているストレッチについて。

 

まだYoutube動画の先生のように開脚できるようにはなっていないが、それでも終わった後の身体が伸びている感じが心地よく、なんだかんだ続いている。

それにしても、Youtubeの動画では「1週間でベターっと開脚できるようになる」と謳っているが、かれこれ1年近く続けているのに、そうならないのはどういうことだろう。

 

それはともかくとして、やはり気温が上がる夏は、身体が柔らかいように感じる。

冬の間のストレッチと比べても、可動範囲が広くなっているように思うのだ。

気温と身体の関係。36.5℃の熱を持った肉体がある以上、そこからは逃げられないというか、そこがすべての元になっているというか。

 

身体をいたわるということは、最も分かりやすい自分のメンテナンスなのだろう。

 

 

そうは言っても、日々そのストレッチの時間を確保し続けることが、やはり難しい。

少し仕事などが忙しくなると、なかなかその時間を確保できなくなったりもする。

 

同時に何かをしながらストレッチができないものかと思い、別の動画を見ながらとか、音声メディアを聴きながら、とかやってみたりもしたが、なかなか難しい。

 

というよりも、せっかく強張った身体を緩めていこうとしているのに、思考が入る音声だとかを聴いていると、気持ちがよくないのだ。

せいぜい、BGMとして流せる音楽くらいだろうか。

 

効率的に何かをこなす、便利に使う、といった、普段の生活で重宝される価値観とは、相容れないのが面白いものだ。

 

ゆっくり、じっくり、空白を、余白を楽しみながら。

身体の声を聴きながら。いたわりながら。

 

そういった時間を持つことは、何も生みださないように見えて、実はその逆なのではないかとも感じる。

 

動くことと、止まること。

それは陰陽のように、お互いがあるからこそ。

車の両輪のようなものかもしれない。

 

 

そうした時間を持つことは、「何もしない時間」を自分に与えることでもある。

 

ストレッチに限らず、瞑想でも、ソファでぼんやりでも、カフェで人の流れを眺めるでも。

何か形のあるもの、具体的なもの、ことを与えるのではなくて。

何にもないを、与える。

 

それは、ある意味で最上級の「与える」行動のように思える。

 

自らのしたいことを、叶えてあげることも、自分に与えること。

行きたいこと、食べたいもの、話したいこと、会いたい人、休息の時間…いろんな形の与え方があるだろう。

そういったことも、もちろん自分を大切にし、自分を愛し、自分に与える行為だ。

 

それと同じくらいに、何もしない時間を与えることは、自分を愛でることのように思われる。

 

 

ある意味で、「受動的な与える」(日本語として意味がおかしい気がするが)とでも表現できそうな、その行為。

 

ストレッチは、それに近いような感覚がある。

 

 

その「受動的な与える」ことは、何にも要らないし、何の条件も要らない。

 

いま、すぐに、この場で。

与えることができる。

 

ただ、この私という存在が在りさえすれば、いまここで与えることができる。

 

どこかへ行かなくてもいい。

誰かの承認を得なくてもいい。

何も無くてもいい。

どんな時間でも、どんな季節でもいい。

 

ただ、ここに私がいるということを認識するだけで、与えらえる何かが、ある。

 

ただ、息を吸って、吐いて。

ただ、身体のすみずみの感覚を味わい。

ただ、そこに座っているだけで。

与えられる何かが、ある。

 

仮に、もしそうだとしたら。

 

それは、自分に対してだけ、だろうか。

 

ただ、そこにいるだけで、自分に与えられるのだとしたら。

 

それは、周りの誰かにも、与えられるものが、あるのではないだろうか。

 

ただ、あなたがそこにいるだけで。

誰かの生きるよろこびに、なっている。

 

そんなことは、きっとたくさんあるのだろう。

おそらく、きっと。

 

いや、きっと、そうなんだろう。

 

f:id:kappou_oosaki:20210616205839j:plain

花はそこにあるだけで。